teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


一本勝負と言っても…

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 4月24日(月)06時03分52秒
  昨日はα7に鋭利庵プラナーだけで撮っていました。
SMCP-M28/3.5も持って行きましたが、使うことがなかったです。
X-E1かK70に標準+望遠ズームを持ってゆくべきでしたが、久しぶりに一本勝負をしました。
といっても、ズームしたいものはトリミングズームしてしまっていますが。
一枚目はトリミングしたものだった気がします。

一枚目の水仙と桜がきれいですね。
超広角ならではのいいとこどりですね。
猫は尻尾を立ててご機嫌の様子、鋭利庵さんにカメラを向けられてお澄まししているようにも見えます。
のどかな雰囲気が伝わってきます。

朝夕が肌寒いですね。
寒暖の差が激しいのと花粉症が治まらないことで、体調がいまいちです。
出かけるのも腰が重くなってしまっています。
去年やった仕事は外れたので休日を取り戻すことができ、G.Wは充分時間が生まれました。
また遠出したいものですが、高速道路は混むでしょうから下道である程度走れる場所にしようか、迷っています。
今年もどこかのタイミングで東北へ行こうと思っています。
復興の様子を見に行きたいですが日本海側に行ったことがないので、二泊三日できたら秋田にも行ってみたいなぁと思います。
旅費をためる前に次々とモノへ変わってしまうので、貯金をせねば。
 
 

花見でも猫

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 4月24日(月)01時16分47秒
  この場所は地元民には有名な、ちょっとした桜の名所です。
土手は誰が整備しているわけでもないので、水仙が勝手に増えたり減ったり。
例年、桜が満開の頃に一緒に見頃になるので足元と頭上の両方楽しめます。

8-16mmと18-300mmどちらもシグマなのでPENTAXでなくてもいい気もしますが
ボディ側に手ブレ補正があるのはPENTAXだけなので、これは好都合です。
そのかわり超音波モーターなのでK100Dは対応していないためMFになりますが
K-5を気に入ったので問題ありませんし、AFが信頼できるようになりました。

日曜の夕方ということもあって家族連れや犬と散歩している人も多かったです。
そんな中、一人でカメラを下げて歩いている不審者を不憫に思ったのか、野良と
思われる茶トラさんがどこからか現れて、しばらく並んで歩いてくれました。
「おめーは一人かよ、一緒に花見でもするかぃ」というところでしょうか。

               カメラが1台だと身軽でいい  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

横着

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 4月24日(月)00時29分17秒
  お気に入りのレンズができたようで、よかったですね。
私はデジタルになってから純正のレンズというものをほとんど買っていませんが
逆にMF時代のキヤノンFDレンズを買ってしまったり、フィルム時代にはあまり
使ってやれなかったレンズを再発見したりしています。
そうかと思うと、ここ最近は買ったり手放したりの頻度が上がってみたりです。

デジタルになってからズームレンズも使うようになりました。
それこそK-5のために最近手に入れたPENTAX用のシグマの2本は気に入りました。
8-16mmと18-300mmでほとんどの被写体や状況に対応できるので、すっかり
横着になってしまいました(元から横着ですが)
今日はこの2本だけで夕方に少し歩いて桜を撮ってきました。場合によっては
18-300mmだけでも充分です。便利ズームとはよく言ったものだと思いますが
私はあえてレンズ交換を怠る横着ズームと呼んだほうがよさそうです。

α7Sで浅さと明るさを、深く考えないときはK-5に2本の横着ズーム、Auto110の
レンズやピンホールなど特殊なレンズはE-P5ということになりそうです。
ただ、K-5のセットがあまりに便利すぎて困ってしまいます。

8-16mmは前玉が大きく突き出したデザインですが、固定フードがあるおかげで
ちょっとだけ使った14mmほどは、そのことはあまり意識せずに済みます。
当然キャップは常備ですが16mm側にすると前玉が少し引っ込むので、うっかり
触れてしまったりすることはほとんどなさそうです。

               桜は咲いたが気温は少し低目  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

見送りました

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 4月23日(日)22時26分15秒
  ノクトン40/1.4は見送りました。
買い直す程の魅力を感じなかったので、「迷うなら辞めろ」という方針に従います。
α7は、SMCP43/1.9と鋭利庵プラナー50/1.4、(5万円未満で買えるならば)純正の50/2.8マクロ。
標準レンズばかりですが。

一,二枚目はα7に鋭利庵プラナー50/1.4です。
拡大表示は必須ですね。
自分では「合ってるな。」と思っても、案外ピントがずれていることがあります。
三枚目はX-E1に60/2.4マクロです。
すっかり中望遠マクロにはまってしまいました。
ここまで使いやすいとは思いもよらなかったです。
 

迷い

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 4月23日(日)07時30分54秒
  そうですね、鋭利庵さんの手を経た組み合わせですね。
プラナーのぐるぐるは、パソコンで見たときに気づきました。
やはり昭和のレンズだからでしょうか、そういった味を持っていないと。

フィルム時代に使いこなせなったレンズを、今更買い直すのもどうかと思いますが、気になってしまいます。
また買っても長く使わないまま手放す可能性もあります。
「迷うならやめておけ」が鉄則ではあるものの、3.5万辺りが相場のレンズが3万円未満で出品されていると気になってしまいます。
この時期ですと支払いはボーナス日なので、クレジットカードがちらつきます。
ライカのマウントアダプターを買うべきではなかったです。
かといって、今すぐ手放す度胸も無いです。
困ったものです…

Xマウントのレンズはズームとマクロを用意したので、あとは超広角ズームかサムヤンの12mmの一本だけです。
だから、Xマウントへの物欲は今のところ収まっています。
α7のフルサイズは心地いですし、ISO12800でも使えそうなので(昨日の夜の画像)便利ですが、やはりフジのX-E1と小型軽量のシステムは気に入ってます。
フルサイズではもっと大きくなってしまいますし、純正でそろえるには価格が高すぎます。
APS-Cサイズはミラーレスの方が適していると思います。

一枚目がα7に43/1.9,二枚目がX-E1に43/1.9です。
この程度の試し撮りでは、画角以外の違いは全く分からないです。
 

対応策

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 4月22日(土)23時51分34秒
  プラナー、いいですね。遠景ボケがちょっとぐるぐるなのが以外です。
それでもピリッとしたピントとしっとりした写りはさすがです。
そういえば両方とも私の手を経た物件ですね。可愛がってください。

マウントは可能な限り増やすべきではないというのはフィルムの頃から守るべき
鉄則だったはずなのですけどね。なかなか保守することはできません。
仕方がないのでフィルム時代に増えてしまったマウントを活用するために今度は
アダプタを増やしてしまっているわけですが、フランジバックの短いミラーレスの
おかげでボディ側のマウントの増殖はある程度抑えられています。
私の場合はEとμ4/3のそれぞれでMマウントを経由することで、できるだけ共有
できるようにしています。Kマウントもコンバータ経由ながら同様のシステムを
構築しようとしています。

蔵はでかいです。後方には住めるくらいの部屋が付属していますし。
襖はすべて物入れです。すべて見たことはありませんが、古い食器だとか衣類が
収められていたと思います。そのほかに長持やら箪笥やらです。一階は会議室か
なにかのような仕様になっていて、床下は地下室のような防空壕のような。

     近頃はK-5に慣れようかとちょっと集中的に使用中  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

マウントは増えると怖い…

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 4月22日(土)21時02分52秒
  α7+鋭利庵Planar50/1.4で撮りました。
一枚目は夜、二枚目は朝撮ったものです。
デジタル一眼レフはゴロっとしていて、広角~標準レンズではコロコロしすぎて気に入らなかったです。
X-E1ではプラナーは中望遠になってしまい、中望遠に慣れていなかったり、ミラーレスはボディーが軽すぎてプラナーとは不釣り合いでした。
α7だと、ちょっと鏡筒は長くなりますが、意外と使いやすいです。
肩からぶら下げても、K-70やX-E1のような違和感を感じません。
「小型ボディだから小型レンズ」とライカのマウントアダプターを買いましたが、鋭利庵プラナーがα7のメインレンズの一つになるかもしれません。
あとは、「必要ない」といえばないのですが…ノクトン40/1.4の買い直しでしょうか。
あれは小ぶりで好きな40mmで、ヘリコイドアダプターで接写もできます。
M6だったら一本勝負できるレンズです。
ボディが増えると、こうやってレンズが次から次へと欲しくなるのが怖いところです。

蔵の中に襖があり、部屋があるのですか!すごく立派な蔵ですね。

アプリケーションの項目を見ましたが、レンズ補正アプリらしきものは見当たらなかったです。
どっちみち手元にフルサイズで使える超広角レンズは持ち合わせていないので、無くても困ることはないと思います。
 

広角レンズ

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 4月21日(金)23時39分27秒
  ウルトラワイドへリア12mmF5.6は発売とほぼ同時に飛びつきましたからね。
F5.6という暗さ以外には特に不満のないレンズです。
α7で使ってみても周辺光量の低下くらいで、これといった問題はありません。
先に述べたように歪曲も感じませんし、小型で楽しいレンズです。

8-16mmの歪曲は、その気になればPC上で補正することができますね。
gimpのメニューの「フィルタ」→「変形」→「レンズ補正」と辿っていくと矯正
度合いをコントロールできることがわかりました。純正のソフトウェアでも同じ
ことはできると思いますがWine経由になるので重いためちょっと使いにくいです。

CONTAXのGレンズをα7で使うと、広角では問題があるらしいです。
α7が出て間もない頃にネットで記事をよく見かけましたが、周辺部で色カブリが
出てしまい、期待する結果にはならない場合があるようです。
「α7 ビオゴン」とか「α7 Gレンズ」などで検索してみてください。

私が使っていたα7にはレンズ補正アプリを入れてあります。確認していませんが
送り出すにあたって設定をリセットしたときに消えていなければ使えるはず。
レンズによっては思うほど効果が出ないこともありますが、残っていればちょっと
ラッキーだと思ってメニューから辿って確かめてみてください。

キヤノンEFレンズで手ブレ補正が使えるアダプタもあるらしい  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

ツァイス

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 4月21日(金)22時57分43秒
  ウルトラワイドヘリアーは探していますが、なかなか気に入る価格のものがないです。
α7で超広角世界を楽しむのもいいですし、X-E1のパノラマ撮影に使いたいです。
K-70でシグマ10-20mmもいいのですが、シグマ10-20mmをX-E1に取り付けれますが…

純正レンズは、PKマウントアダプターくらいもう少し鏡筒が細ければ、根元からいい塩梅になる気がします。
まぁ、ツァイスと手を組んでいれば太く,大きく,重く,高いレンズになるのは自然な流れです。
かつては幾つかのメーカーを潰してきたツァイスという巨人の力を我が物にしているソニーの技術力はすごいと思います。

ツァイスレンズだと、今はG1,2でのレンズを少し考えています。
コンパクトでα7やX-E1に似合いそうですし、少し物足りないもののコンパクトで50cmまで寄れれば使い勝手も悪くなさそうです。
 

8-16

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 4月21日(金)22時08分53秒
  デザインは本当に好みによるところが大きいですね。
全体のフォルムとしては小振りなボディに真っ直ぐ太い鏡筒や、円筒を組み合わせ
先端に向かって段々に太くなるのがカッコいいと思います。
先細りは鏡筒が短ければ、まだ許せますがM-ROKKO90mmF4は細長いうえに先が
細くなっていくので、どのカメラに着けてもいまひとつです。
SONYロゴ自体のデザインは伝統的なもので好きですが、大きな額にちんまりと
書かれているのが間延びして見えて私の印象を悪くしています。
多くの一眼レフカメラはペンタプリズムカバー前面の細長い面にぴっちり納めて
あるので、それを見慣れてしまったせいでしょう。キヤノンのAE-1プログラムや
オリンパスのOM-2/SPに違和感を感じるのはそのためだと思います。
PENTAXはフィルムの頃の上下に潰したような少し横長に慣れているためでしょう。
デジタルで真四角っぽい太文字になってからだと、ちょっと安っぽく感じます。

そんなにも身近にSONYの関係者がいるとは驚きですね。
しかも開発に携わっているとは。なんだか羨ましいです。ユーザーの意見として
「カッコ悪いぞ」とは言えないでしょうけれど、逆にSONYに親近感が湧きます。

シグマの8-12mmを試してみました。母の実家の蔵です。
逆光状態でのゴーストへの耐性はそれなりにあるようで解像力やシャープネスも
充分満足できる見事なものですが、最広角側だと歪曲が目立ちます。
パースを強調して目立たなくなるよう撮ればいいのですか直線の並ぶ画面構成に
すると気になるほど歪みます。コシナ/フォクトレンダーの単焦点12mmは呆れる
ほど真っ直ぐでしたが、この点はズームなので仕方がないでしょうね。
超々広角の設計が如何に難しいか、コシナ/フォクトレンダーの単焦点が如何に
高性能かということだと思います。
もっとも、高画質なズームなので直線の被写体に対して平行にさえしなければ
風景などでは有効に活用できるでしょう。

       12mm単焦点を手放そうかとも思ったけど撤回  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

レンタル掲示板
/449