teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ファインダー

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 1月20日(金)22時53分35秒
  いやぁ、茶トラさんはずいぶん立派になりましたね。ライオンのようです。
こちらの動物園は基本的には冬期間閉鎖です。たまに開園して雪と戯れる姿を
公開したりもするのですが、昨年末に鳥インフルエンザが発生して警戒のために
休園して以来お休みしているようです。今シーズンは休園かもしれないです。

フォーカスインジケータがここまで役立たずとは思いませんでした。ある程度
絞って被写界深度が稼げる場合しか想定していないのでしょうか。
50mmF1.4、換算75mmでは、ほとんどアテにならないことがわかりました。
スーパーインポーズされた赤いマークがときどき数カ所点灯したり、中央が合焦
表示をするので逆に迷ってしまいます。スーパーインポーズは目が眩んだりして
却って困ることがあるので、これからはOFFにしてファインダー内下部の表示を
参考にするだけにしてみようと思います。
一眼レフの光学ファインダーは、あたりまえですが暗いと暗いままなので条件が
悪いとピント合わせに苦労を強いられるので便利かなと思ったのですが。

条件がよくない(暗い)環境下ではEVFが圧倒的に有利ですね。μ4/3もE-P5に
換えてからはピーキング機能が有効に働くので、すっかり頼りきっています。
EVFの弱点は反応速度です。絞り開放で使うぶんには支障ありませんが、感度が
上がってもシャッター速度が一定以上に上がらない条件では追従が遅いです。

光学ファインダーの反応速度は光速ですが暗いと見えない。
EVFは暗くても見えるけれど反応速度は光学ファインダーに敵わない。
それぞれ一長一短です。上手に使い分けないといけませんね。

          APS-Cのα6300あたりはどうなのだろう  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 
 

進歩

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 1月20日(金)06時04分14秒
  フォーカスインジケーターの精度は悪いです。
トキナーの400mmを使っていると、MFでピントを合わせるよりもAFの方がピント精度がいいですし速いです。
悔しいですが、「僕程度の腕ならば機械に頼った方がいい」という現実を突きつけられました。
ソニーをはじめ、ミラーレスもピント合致速度・精度が格段に上がり、EVFの反応速度が人間の感覚に追い付いてきた今、一眼レフの優位性は本当に小さいと思います。
むしろ、ミラーレスのEVFならばファインダーを覗いたまま拡大MFが使えますし、露出補正の結果をリアルタイムで見ることが出来ます。
キャノンがM5を出して本格的にミラーレスへ力を入れざるを得ない状況からも、一眼レフの未来は厳しいのかもしれません。
これも進歩の結果なので致し方ないです。
 

K-5

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 1月19日(木)22時50分15秒
  μ4/3も確実に完成度は向上しています。
オリンパスに限って言えばE-P1からE-PL1、E-PL6、E-P5と使ってきましたが
追加された機能はともかく、手ブレ補正を含めた性能と扱いやすさが違います。
PLシリーズは小さすぎて大きなレンズを使うには向きませんが、E-P5は適度に
大きいのと5軸手ブレ補正はよくできています。
ボディ側の手ブレ補正ですがシャッター半押しでEVFの像のブレが停まります。
これなら望遠レンズでもピントが合わせやすいです。

K-5はなかなか慣れません。ボディの大きさは手頃で華奢な感じもなく安心して
持てますが、右手親指の関節が変形しているうえに右目が使えない私は慎重に
扱わないと画面が傾いてしまいます。これは訓練して使い慣れないといけません。

手ブレ補正はしっかり働きます。トーンカーブを少し弄ってありますがシグマの
500mmF7.2にFD-Kのコンバータを経由して750mm相当で1/250秒で切れましたが
ブレてはいないようです。絞りはF11くらいまで絞っていたはずです。
白鳥を撮ろうと思って出かけたのですが、残念ながら会えませんでした。既に
北へ向かって旅立ったのか、それとも食事に出かけていたのか。
あとのふたつは50mmF1.4の開放ですが、この条件ではかなり柔らかめです。
リケノン50mmF2のほうが画像は引き締まっていたように思います。
見た目ではクモリもなさそうなのですが、過去に一度カビにやられているレンズ
だからかもしれません。少しくらい暗くてもF2.8程度の現代のズームレンズなら
もっとしっかりした画像になるのかもしれないですね。

K-5はMFでのピントにも少々不安があります。フォーカスインジケータが正しく
働いているのかどうかわからなくなってきました。点灯したと思って安心して
シャターを切ってみてもあとでPCの大きな画面で見るとボケボケだったり。
いっそ信用しないで自分の目とピントグラスに集中すべきかもしれません。

         K-5に正しいレンズをあつらえてやりたい  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

感触

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 1月19日(木)21時53分56秒
編集済
  μ4/3はシステムとしてはとても魅力的です。
天体撮影を考慮しなければ素晴らしいシステムです。
ただ、レンズの何かが物足りないです。
オリンパスはキットレンズしか持ったことないですし、パナソニックは数年前のレンズまでしか持ったことがないですが、例えば初代100-300mmですと、ズームに引っ掛かりを感じました。
画角は違うので同等の比較をしてはいけないかもしれませんが、フジのXC-50-230mmはキットレンズで中国製ですし、価格もさほど高くないです。
しかし、ズームやピントリングの滑らかさなどは素晴らしいです。
さらに、写る画像はXFレンズに引けを取らないです。
ズームなので不格好に伸びますしF値は暗いですが、使っていて心地がいいです。
こういう、数値に現れない部分を突き詰めていることに、フジの素晴らしさを感じます。
μ4/3の話をしていたつもりが、フジの話になってしまいました。
しかも、フジの望遠ズームの話をしているのに、掲載画像はKマウントです。

一枚目がHDDA55-300mm、二枚目がトキナー400mmです。
コントラスト補正はしましたが、それだけでこれだけ撮れるならば、そこそこ使えそうです。
もちろん、出来ることなら完璧な状態にしたいですが。

望遠を主力で使うようになってから、カメラのボディが小さすぎると困ることに気付きました。
K-70も、標準系のレンズではいまいちしっくりこないですが、HDDA55-300mmやトキナー400mmを付けると、その大きさに納得できます。
 

お買い得

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 1月18日(水)23時15分15秒
  出品物件、みつけました。かなりお買い得な価格設定だと思います。
既に1件入っているようですね。余裕があれば私も参加したいところですが、今は
K-5用のレンズを優先すべきでしょう。何より先立つものが…。ボディとEVFだけで
もう少し安ければ参加したかもしれません。ともかく見守りましょう。

私が持っている機種で比較する限りでは、フォーマットが大きいほうが高感度は
強いようです。同一条件での厳密な比較はしていませんが、同じ25600であれば
より大きいほうが粗くならないし滑らかです。

くすんだ画像にはなりませんが、乾いた古臭い写りはレンズ次第かとも思います。
昨日と今日のディスタゴンは艷やかで美しいですが、F時代のニッコールなどを
使うと古臭い写真になるような感じがします。
色調などの画像処理は可能な限りニュートラルになるような設定をしていますが
レンズによって写りが変わるカメラは、ある意味で余計なことをしない良い機体
なのではないかと思います。

EOS-M5はカメラらしいカタチということもあり、私も少し気にはなります。
ただ、キヤノンの電気カメラはAE-1以来何台も相性の悪さを経験しているので
手を出すのは躊躇します。
キヤノンのAFレンズを使いたいと思ったらEF-Eのマウントアダプタを手に入れて
α7に装着すれば充分実用になるそうですし。

E-P5は充分な光量があって感度がそれほど上がらない条件であれば、充分美しい
画像が得られることがわかりました。
K-5も同様ですが被写体によっては51200の粗さも許せますし、固有の性能です。
α7は私にとっては扱いやすくクリアで滑らかな画像が得られる良い機体です。

      今のところ欲しいレンズはどれも、ほぼ同価格帯  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

売りに出しました

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 1月18日(水)06時21分4秒
編集済
  ISO25600ですと、APS-CのK=70でさえ荒れが目立ちます。
その辺りになると純粋に素子の大きさの差が如実に表れますね。
今更フルサイズの広さは必要ないのですが、高感度に限るとフルサイズが欲しくなってきます。
クリアーなのは、ソニーのボディにも要因があると思います。
ソニーは抜けの良い絵を出します。
RX10やRX100で「どこかくすんだ画像」を見たことがないです。

ブランドイメージは大きいと思います。
世間一般的には「カメラと言ったらニコンかキャノン」ですし、キャノンはいろいろな媒体で宣伝を出します。
BSでは、プロカメラマンの撮影の様子を同行したりプロになったきっかけなどをインタビューする番組を作っているくらいです。
(もちろん、キャノンのカメラをメインに使っているプロカメラマンですが)
家電量販店も、初心者にはニコンのD4桁台よりもKiss-X台を勧めるのでしょう、おそらく。
「みんなが持っているもの、はやっているものがいい。」という人が多いので、売れるメーカーは更に売れるでしょうし、キャノンの一人勝ちがしばらく続くと思われます。

ミラーレスは、EOS-M5は少し気になりました。
今更システムを総入れ替えは面倒ですし、S90の時の悪いイメージがまだ付きまといます。
EOS-M5は素子の大きさが違うのできっといい絵を出してくれることでしょう。
それに、速写・連写,AF性能,EVF反応速度などがかなり良さそうなので、仕事でも趣味でもオールラウンドで使えそうです。
もし僕がキャノンのミラーレスへ総入れ替えすることがあったら、天体撮影を辞める時かもしれません。
Hα線を写せる富士とペンタックスは、今のところ手放せません。
フジはボディもレンズも気に入っていますし、ペンタックスは実用機です。

E-PL6およびμ4/3システムを売りに出しました。
5万円スタート10万円即決で売りに出しました。
今朝出品して、早速入札がありました。
改造費やレンズを考えると安いですが、どこまで入札があるやら…
 

ディスタゴン

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 1月18日(水)00時03分48秒
  国産のデジタル一眼レフは三社だけですね。フィルムの頃に比べるとずいぶん
寂しくなったものです。高価格化しているにも関わらずそれほど売れているのは
景気がいいのやら悪いのやら。
キヤノンのミラーレスのシェアは意外ですね。一眼レフユーザーがサブ機として
持つというのが大きいのでしょうか。それほど魅力的ではなさそうなのですが。

松下は家電屋の売り方を脱却しきれていないのでしょうか。それこそ理解ある
ユーザーに限られてしまっているのかもしれません。レンズも使ってみてやっと
優秀さが理解できるところがありますから、イメージの呪縛かもしれませんね。

昨日、今日と少し気温が上がったこともあり幹線道路の雪はほとんどありません。
ちょっと横道に入ったりすると半オフロード状態だったりもしますが。
下手に除雪して道幅が狭くなるよりは凹凸の雪道のほうが私はいろいろ楽ですが。
安全運転はいいのですが、過剰に慎重になって必要以上にペースが遅いと困ります。
雪道で他の車両がいないと、ちょっとくらい手軽にドリフトしたり後ろを振って
遊んでしまったりします。

車高は上げ過ぎも下げ過ぎもバランスを欠いてしまいますね。それこそ雪道で
凹凸があったりすると下げ過ぎた車両はぶつけたり擦ったりするでしょう。
上げすぎるのも重心が上がって横転のリスクが高くなります。純正ノーマルが
もっともバランスがいいはずですが、上げたら幅も広げるべきです。それをやると
違法改造になるのですがジムニーでは構造変更登録をしないまま上げているのを
よく見かけます。私の車両は構造変更のいらないバンパー交換だけです。
そういえば先日、少し上げたハスラーを見ました。あれははじめてです。

同じ場所の写真ばかり続いてしまいますが、今日はα7にディスタゴン25mmF2.8。
同じ25600まで上がっても、さすがにμ4/3のE-P5とは格が違いますね。
あれはあれでE-P5も充分頑張ってはいると思いますが、粗さが段違いです。
E-P5のようなガサついた感じがなく、締まっていながら滑らかな写りだと思います。
色再現に関してはどれも悪くありませんが、E-P5は少し浅い感じでしょうか。

        K-5にシグマ24mmF2.8もまた試してみよう  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

妥協

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 1月17日(火)05時57分41秒
編集済
  http://digicame-info.com/2017/01/20163-1.html
キャノンがミラーレスのシェア2位というのに驚きました。
観光地に行っても、キャノンのミラーレスを持っている人をほとんど見たこと無いのですが…
一眼レフのシェアが圧倒的なので、そのサブカメラとして使う人や、「キャノンはいい。」というイメージで買う一般ユーザーが案外多いのでしょうね。
パナソニックはいい機種を出していると思うのですが…
そして、意外とソニーがさほど高くないのにも驚きました。
富士が圏外なのは当然だと思います。
素晴らしい写りのカメラやレンズを出していますが、「ミラーレスのシェアのトップになる!」と社長は豪語していたそうですが、難しいと思います。
でも、それでいいです。
「通が持っている。」というのが、所有欲の一つになります。
交換レンズでは、シグマが破竹の勢いのようです。
次々とハイスペックレンズを純正の半額で出しているので、成功しているようですね。
「一眼レフではペンタックスが3位?!」と思いましたが、もう、一眼レフを作っているメーカーがこの3社くらいなんですね。

雪国の降りっぷりは豪快ですね。
こちらは、降って、すぐに溶けて消えました。
今週末も降るかもしれないらしいので、厄介です。
キャストは踏ん張りが効かないので少しでも路面が凍っていると危ないです。
そのためタイヤチェーンを買おうと思ったのですが、車高を下げすぎてチェーンが付けられない状態でした。
「冬だけ思いっきり車高を上げようかな。」とも思ったのですが、思いっきり上げるとなると調整代が結構かさむそうです。
昨日はサスペンションを買った足回り専門店とカー用品店を行ったり来たりして、結局、チェーンがつけられる程度に車高を上げて、通年その高さで使う。」という結論に至りました。
維持張って車高を上げずにスタッドレスでもよかったですが、価格が今の僕には高く(ここ2,3カ月尋常ではない金の使い方で余裕がない)、保管の場所にも困るので、泣く泣く車高を上げました。
2㎝上げただけでも印象はだいぶ違います。
不満はありますが、今までは法定ギリギリの地上高で少々不便なこともあったので、まともな下げ幅(最初が5cmのダウンだったので、今は3cmダウン)にしました。
あとは、雪が降る前にチェーンを買わないといけません。
チェーンはその都度脱着が面倒ですが、毎週末スキーに行くわけでもないので、とりあえず今年はチェーンで過ごします。

K-5にディスタゴン、よく似合うと思います。
K-5ですと換算40mm弱ですから、気に入ったらそのまま常用レンズになるかもしれませんね。

追記
今日感触を確かめながら運転した感想は、「おそらく、この辺りがちょうどいいようだ。」
日の当たる場所で見てみたら、出荷時よりは下がっているので見栄えも悪くないですし、むしろ、下げすぎていた時よりもバランスが取れている感じでした。
運転した感触も悪くないですし、実用面などを考慮すると、まぁ納得できる高さになりました。
「車高は低いほうが好き。でも、山道を走るのが好き。」という、相反する好みを持つのは良くないです。
 

限界

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 1月16日(月)22時46分41秒
  こちらでは貨物専門の鉄道もあって、そちらではもっぱらディーゼル車両が貨物を
長い長い列車にして入れ替えを行なっているのを見られる場所もあります。
貨物列車は車両の入れ替えや切り離しが多いので、単線で差し替えを行われると
踏切で長時間停められたりします。以前の職場は港が近かったおかげで外回りのときには
踏切でずいぶん待たされたりしたものです。

リニアが営業運転しているとは知りませんでした。万博の置土産ですね。
赤字路線はこちらにもあります。国鉄時代はどうにでもなったのでしょうけれど
民営化してからは切り捨てられ、第三セクターで廃線を免れたものの人口減少と
自家用車の普及で年々赤字が累積されていたりするようです。
鉄道ファンには、是非そういう路線を利用して貢献してもらいたいものです。

被写界深度の浅さとうことになると、フィルムの頃は常に浅かったはずですね。
フォーマットが小さくなって、同じ画角ならば少し深くなっているはずです。
そう考えると私達はずいぶん贅沢になってしまったなとも思います。

昨日の鉄道写真は先に撮ったK-5にリケノン50mmF2です。今日はさきほど帰りに
撮ってきたE-P5にディスタゴン25mmF2.8での写真を貼っておきます。
ひとつめは、朝出かけるときに自宅近くの一般道。このくらい積もりました。
ふたつめは、うっかり絞りすぎてしまったものですが光芒が現れました。これは
これでちょっと面白いです。1/8でブレない5軸補正は偉いです。
みっつめは絞り開放、こっちは別な意味でちょっと厳しいかも。ディスタゴンも
開放での夜景はこのくらいが限界なのでしょうか。なんだか悔しいので、今度は
α7で広角25mmとして試してみたいと思います。それでも少し絞ったほうがいい
かもしれないですね。

  ディスタゴンもKマウント改造したほうがいいのだろうか  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

心を震わせる

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 1月16日(月)06時22分28秒
  雪の夜の貨物列車、いいですねぇ。

同じフォーマットで複数台となると、APS-Cのペンタックスが2台とフジが2台でしょうか。
*ist-DS2は料理用、K-70はフィールドカメラ、X-E1は軽装旅カメラ、X-100はお散歩カメラとして、どうにか役割を分担しています。
あっという間にAPS-Cの独壇場になりました。
被写界深度が浅いのが時折難儀に思うこともありますが、(特に富士の2台は)持つ喜びを得られる大きさ・重さも気に入ったのだと思います。
μ4/3の軽さや小ささは素晴らしいものです。
ただ、「ずっと持ちたい!」と心を震わせるカメラに出会えないです。
 

レンタル掲示板
/428