teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


狙い通り

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 2月26日(日)08時03分17秒
  狙い通りの写真が撮れました。
豆粒の人々によって山の巨大さが強調されました。

三枚目も超広角ズームで撮ったものです。
岩穴の中から見上げて撮ったものです。
近距離から全体を撮ることが出来るのは便利ですが、なかなかそういう状況に出会うことが少ないです。
X-E1につなげて、パノラマ撮影で使う時は便利です。
パノラマにすると画角が狭くなる感じなので、超広角ズームで画角を広げて撮るとイメージ通りの広さが撮れることがあります。

明け方の月の写真を撮った時、ISO800では色の荒れがモニター上でも目立ち、ISO3200で撮り直しました。
手振れ補正のおかげで、望遠で1/16秒でも止めれました。
天体だと背景が黒なので目立たないですが、やはり無理矢理引き上げている感があるようです。
KPは素子そのものが新型なので、違うのでしょうかねぇ。
 
 

マウント

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 2月25日(土)23時20分29秒
  ふたつめの写真がいいですね。
大きな山と、レンズについた埃のように小さな人々の姿の対比が面白いです。
一般論になりますが超広角は遠近感強調される遠近感を活かすほうがいいです。
手前にあるものにできるだけ寄って大きさの差を見せるなど奥行きのある構図が
わかりやすく、見栄えのいい写真になるようです。

やったことはありませんが、OMとFD以外のレンズを受ける側のマウント改造は
かなり難しいので自分でやろうとは思いません。バヨネットの爪を押さえるための
バネや脱着のためのロック機構を移植するには工作が面倒すぎます。
OMとFDは受けのマウントにロック機構がないので厚さを調整して載せ替える
だけでできそうに思いますが。

同じ理由でOMとFDはレンズ側の改造が難しいということになります。
そのほかは厚みを調節したうえでレンズ後端のマウントを換装すればいいはず。

と、いう考え方でやってみたらできたのがプラナーとテッサーでした。同様に
ディスタゴンを改造しようと思ったのですがネジが固くて外せません。
潤滑剤を与えて時間を置いたり、溝が潰れたネジを外すための液剤を使ったりも
してみたのですが外すことができずにいます。交換のためのKマウントのほうは
ジャンクなレンズから外してあるのですが。

         FDの望遠用テレコンバータに入札してみた  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

テレコン

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 2月25日(土)19時15分57秒
編集済
  ムターも気になっていました。
ツァイス規格でしたら間違いなく「使える」画質が期待できます。
もしムターのマウントをKマウントに替えれるならば、僕にとっては「使える」テレコンになりえます。
400×1.4×1.5=換算800mm/F8
木の上の小鳥を狙うにはいい塩梅です。
ただ、ボディ側とレンズ側、マウントが二つ必要になりますねぇ…

×1.7テレコンに手を出してしまったのは、ただただ「いつかボーグを…」という気持ちが先走ってテレコンを先に落札してしまっただけです。
望遠系で持っているのは55-300/4-5.8と400/5.6。
どちらも暗いので、1.7倍のテレコンがAFで使えるのかどうか…
今更ながら「手を出すべきではなかっただろうなぁ…」と思っています。
ひょっとしたら、すぐに手放してしまうかもしれません。

三枚目は10-20mmで撮った画像です。
前回の反省を踏まえ、超広角ズームを持って行ったものの、やはり「ただ広いだけ」の絵になってしまいました。
超広角ズームはなかなか使いこなせません。
 

純正

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 2月24日(金)22時54分11秒
  レンズ一体型カメラのための専用設計でない限り、コンバージョンレンズだとか
リア・テレコンバータは最大公約数でしかありません。決して万能ではありませんし
絞り開放ではかなり厳しいことも事実です。レンズの弱点も強調されてしまう
場合が多々あることは知っておくべきでしょう。

いくつかの製品を使ってみて実感したのは、ある程度絞ってやれば実用になること
そして汎用品よりはメーカー純正との組み合わせのほうが高画質が望めることです。
純正品はキヤノンFDマウントのものしか持っていないので正当な評価ではないと
思いますが、少なくともそういう印象です。
カメラメーカーの専用設計のほうが有利なのは、かつてのカメラメーカー各社の
製品に倍率が同じ二倍であっても300mmあたりを境に望遠推奨とそれ以下用の
ものがあったことでもわかると思います。

と、いうことはPENTAX製の1.7倍AFテレコンバータの1.7倍というのは他社には
ない倍率で、PENTAXの自社製レンズのためにのみ設計された「純正」ですから
テレコンバータとしては比較的安心して使えるのだろうと考えられます。

しかし汎用品でも最終光学系を固定することになりますから主レンズの繰り出しで
画質が変化する可能性がありますし、インナーフォーカスの場合と比べてどうなのか
また、PENTAXのAFテレコンバータの場合には「動く」光学系が追加されるので
それが全体にどう影響するのか興味深いところです。写真レンズ光学系の複雑な
設計は、さぞや難儀なことでしょう。

      CONTAXのムターは高性能だとも言われるけれど  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

衝動

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 2月24日(金)06時32分0秒
  鋭利庵さんの画像を見て、テレコンも使えそうなことを知り、×1.7AFテレコンを落札しました。
そして、AT-X400/5.6の玉の綺麗なものも落札してしまいました。
テレコンはいつかのボーグのために持っておこうと。
AT-Xは2万円でしたが、中途半端なものを買って損するよりは、しっかりしたものを選びました。
今から乗せ換えを依頼しても流氷ツアーには間に合わないので、旅行後に改造に出すことになりますが、鳥でも使えるレンズなので、一番いい状態にしたいと思います。
 

コンバータ

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 2月24日(金)00時17分2秒
  お互いKマウントレンズはいろいろな意味で悩ましいですね。
天羅さんも、いっそニコンやキヤノンならば純正でも他社製でも適当なレンズが
選び放題だっただろうと思います。

コンバージョンレンズは、私はできれば使いたくない道具ではあります。
実際に使ってみて条件さえ合えば充分使えるものだということはわかりましたが
MFレンズをAF化するとか、フランジバックや口径の都合で乗り入れできない
他社製レンズを使うのに仕方がなく使うものだという印象が拭えずにいます。

PENTAXの純正85mmが欲しいというのも、コンバータを経由せずに明るい素の
レンズを直接使いたいというところからきています。
Kマウントの85mmを手に入れたとしても、テレコンバータを経由すると開放で
使うのは難しいと思います。純正なら多少はマシかもしれませんが、社外品の
コンバータを使ってみた限りではある程度絞らないといけませんから、そうなると
F1.4クラスの明るい単焦点である必要はなく、多少明るめのズームレンズを直接
使うほうが便利で効率がいいはずです。

既にレンズをいくつも持っているならともかく、Kマウントは単焦点数本なので
今後Kマウントレンズを買うならズームレンズを中心に考えるのが正解ですね。
とはいえKAマウントのトキナー製テレコンバータを持っていますから85mmを
買ったとしても試してみないわけにはいかないと思いますが。

 85mmF1.4よりも50-135mmF2.8あたりのほうが安いのかも  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

ボーグは使ってみたいけど…

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 2月23日(木)21時05分53秒
  テレコンはボーグのAF化以外には興味がないです。
クローズアップレンズを用いたレデューサーをかませるそうで、×1.7×0.8=1.36となり、1絞り分暗くなる感じのようです。
250mmの55FLというレンズにレデューサーをかませて200/3.6というレンズもあるようです。
200/4クラスで11万円…ペンタックス645レンズの200/4ならば、MFでもよければおいしい部分だけを安く使える気がします。
しかし、やはり400mmくらいが欲しいですね。
自分の実力からすると綺麗なAT-X400/5.6を買って二個一にするのが一番なのだろうなぁ…と思います。

少々眠いですが、今所有のレンズでもそこそこ頑張ってくれます。
二個一にしてこちらのレンズを実写画像付きで売ってもそこそこの値段で売れるかもしれません。

猫布団は暖かそうですね。
85/1.4ならば、テレコンをかませても明るい望遠として使えそうですね。
 

希少

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 2月23日(木)20時34分28秒
  食事する茶トラさん、食べるのに夢中ですね。椿の赤も落ち着いた感じです。
飛翔するハクチョウはカッコいいですね。そういえば先日はいくつかの群れが
頭の上を飛んでいくのを見ました。移動の時期が近いのかもしれません。

望遠レンズで苦労したり悩んだりしておいでのようで。
AFテレコンバータは私も気になってときどきチェックしたりするのですが
価格と使用頻度を考えると、なかなか手を出せずにいます。
私が使うとしてもタクマーが中心になるでしょうし、暗い望遠レンズで実用に
なるのかどうかという懸念があります。使える明るさの限界があったはずです。

換算で合成焦点距離2000mmを超えたとしても、レンズの暗さもありますから
最高感度でどこまで解像するのか、また赤道儀のない固定三脚で星が止められる
時間内の露光でどこまで写るのかは興味がありますね。
木星はそれなりに明るいので条件さえよければ写せないことはないのかも。
どうせ三脚に固定してしまうなら、明るい500mmF4.5の出番かもしれません。

K-5を買ってから気になっているレンズのひとつがPENTAXの85mmF1.4です。
AFである必要はまったくないのでMFで構わないのですが、なかなか見ません。
どうしてもということになればサムヤンという選択肢もありますが、だとすれば
そこまで慌てる必要もありません。
PENTAXの85mmが手頃な価格で出てくるといいのですが、世に出た数が少なく
希少品に近いところがあるので低出現率で高価格の傾向にあります。
現在KAマウントのものがひとつ出ているので、ちょっと観察しています。

        コンバータ経由の開放は実用的ではないので  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

400mm

 投稿者:天羅  投稿日:2017年 2月23日(木)07時13分0秒
編集済
  もう旅行には間に合わないので薄曇りレンズを持って行きますが、色々物色しています。
レンズも綺麗なものが2万円ちょいで出ているので、いっそ買ってしまって中身を入れ替えようか。
それとも、ボーグの71FLというレンズを思い切って買ってしまおうか。
中身入れ替えならば使いで4万ほど、今のレンズの価格も入れると7万円。
ボーグだとAFテレコンも買ったら16万円。
10万を超えるレンズなんて買ったことがないので、そこまでのレンズを使いこなせるのか、不安もあります。
ただ、撮った画像を見るとヌケが全然違うので、引き込まれる魅力はあります。
価格の差は描写の差に表れそうな気もしますが、トキナー400/5.6の本気の描写を見ていないので何ともわからないですし、僕が使う程度ならばトキナーくらいで充分な気もします。
迷います、非常に迷います。

2000mmなんて、もはや天体望遠鏡ですね。
木星くらいなら縞模様が写るのではないでしょうか。
F11でOVFでピントをきっちり合わせれるのはすごいですね。

オークションをうろうろしていたら、77EDⅡ(500/6.6)というレンズがPKマウントアダプター付きで売り出されていました。
白なので、まさしく天体望遠鏡そのものです。
500mmは全長が長すぎるので本当は400mmが理想ですが、今のところ格安なので入札してみました。
3.5~4万くらいまでは粘ろうかと思いますが、無茶はしないつもりです。
 

厚み

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2017年 2月23日(木)00時22分3秒
  いかにも撮りたくなるようないい場所ですね。人が集まるのもわかります。
グループで撮影会のようなことをしていたのかもしれませんね。フォーマットの
大きいフィルムでの撮影でもない限り三脚の出番も少なくなっているでしょう。
もっとも「腰を据えて撮る」意味では三脚を使うのは正しいことだと思います。

M型デジタルライカはフィルムのものより2.5mmほど厚いのだそうです。
これが「僅か2.5mm」なのか「2.5mmも」なのかは多分に感覚的な問題ですね。
手で持って使う道具ですしフィルムからの乗り換えや併用を考えると少なくない
違いになるのでしょう。同様の違和感はM5にも言われたことです。
物理的、数値的な容積や寸法は実はそれほど違わないのにデザインのせいもあり
大きいとか弁当箱とか言われていました。フィルムが入れにくかったので手放して
しまいましたが、操作感は悪くなかったと思います。
私はデジタルMに対しては物理的なフィルム給送関係の部材がないことと高さの
ほうが気になります。余計なものがないだけに間延びして見えます。

400mm、少し揉めたようですがいくらかでも還元できてよかったですね。
今後また状態の良い物に巡り合えることを期待しましょう。
シグマの500mmF7.2は、この焦点距離にしては小型軽量で扱いやすいですが、
やはりこの暗さが弱点でもあります。開放でこれですからピントが難しいです。
しかも実絞りでの使用ですから絞ればそれだけファインダーも暗くなります。
そのうえコンバータを併用しているので更に一段ぶん暗くなるので実用的なF11
まで絞るとF16相当。明るく見えてピーキングも働くEVFなら少し楽になるはず
ですが一眼レフであるK-5はそこが辛いところです。

同じく手ブレ補正を装備しているE-P5ならEVFが使えますし、コンバータなしで
1000mm相当、コンバータを経由してFD→F→M→Eにすれば1500mmですね。
FD→M→Eでもキヤノンのテレコンバータを使えば2000mm相当になります。
ここまでくると手持ちでは鳥を捉えるだけでも難しいかもしれません。それに
手ブレ補正のための焦点距離設定が追いつかなくなります。

2月22日は猫の日で、忍者の日だったそうです。どちらも語呂合わせですが。
だからというわけではありませんが引き続きK-5にコムラー135mmでの写真を。
これもコンバータ経由のうえF5.6まで絞るので暗くなるのが難点です。

               こういう粗さも嫌いではない  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

レンタル掲示板
/436