teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


広告について

 投稿者:管理者hira  投稿日:2013年10月 1日(火)06時19分38秒
返信・引用
  このページの広告(あるいはリンク形式のお知らせ)は、長野めぐみ教会とは何の関係もありません。ご注意ください。  
 

Re: 投稿ありがとうございます

 投稿者:月ウサギ  投稿日:2013年 8月30日(金)16時14分22秒
返信・引用
  > No.11[元記事へ]

管理者hiraさんへのお返事です。

ご返信有り難うございました。確かにそうですね、私の「怠け癖」も悪魔に掴まれているのかもしれません。注意したいと思います。
後日思い出してルターの「キリスト者の自由」を読み、「1,キリスト者は、凡ての物に対し、自主にして、何人にも隷属せず。」及び「2,キリスト者は、凡ての物に仕ふる僕にして、各人に隷属す。」の箇所などを考えてみましたが、この上下視点を合一させるものとして、愛の実践が有り、その実践が「愛は律法を全うするなり」の意味になっているものと思いました。これは高貴な理念だと思います。
此の書の三〇節に亘って綴られた、信仰の情熱と確信に満ちたルターの力強い文章は、とても感銘深いものですね。
 

投稿ありがとうございます

 投稿者:管理者hira  投稿日:2013年 8月23日(金)06時53分13秒
返信・引用
  時になまけがちな「私」に対して、「悪魔」は「あなたほど」ものぐさではない。おこたりがちな「私」に対する注意喚起と、自らの働きに対しては「私よりも」より勤勉と思われる悪魔とに対する注意喚起、と受け留めております。  

素晴らしいHPです

 投稿者:月ウサギ  投稿日:2013年 8月19日(月)12時29分24秒
返信・引用
  たった今、<聖書の「神」について>を少し読ませて頂いただけですが、とても素晴らしいHPだと思います。

トップの<最近目にとまったちょっとしたことば>の、アンドレ・ジイドの言葉も、面白い表現ながら人の心の真実を見せてくれるし、続く<全能のまことの神様に、どうしてもできないことがある。それは「罪を犯すこと」と「天国に罪を入らせること」だ。>は率直に一真実を開示してくれる。

唯、次の「悪魔は、あなたほどものぐさではない」(マルチン・ルター)は、読み方が難しいかなとも思いました。と言うのも「あなたほど」が個人全体を含む意味と取れば、悪魔もまた個人を超えたものとなり、人が信仰によって自己に打ち克つということが不可能という意味にもなります。とすれば、この「あなたほど」の「あなた」は、どのように限定解釈すればよいのでしょうか。勿論私自身でもルターの書を求めて真義を調べてみる所存ですが、もし宜しければ牧師さんの解釈もお聞かせ頂けると幸いです。
 

エジプトの幼な子を忘れるな

 投稿者:管理者hira  投稿日:2011年 2月 2日(水)11時27分43秒
返信・引用
  出エジプト記13:11~16
ゆえに初子をささげ、毎年の記念とし、子どもたちにも伝えるのだ。
(民数記3:13も見てください。)
 

エジプトの幼子

 投稿者:森の住人メール  投稿日:2011年 2月 1日(火)06時02分12秒
返信・引用
  心に沁みるお話でした。
この中で 「神はエジプトの幼子を忘れなかった」
という箇所は聖書の何処にでてくるのですか?
 

ご感想ありがとうございます

 投稿者:管理者hira  投稿日:2010年12月10日(金)09時24分22秒
返信・引用
  小さなスタートですが、よろしくお願いします。
自らや教会が、よりよく成長できることを願っています。
心より感謝して。
 

HPいいですね

 投稿者:森の住人メール  投稿日:2010年12月 9日(木)16時40分46秒
返信・引用
  興味深く読ませてもらいました。
「聖絶」に関する記事には教えられました。
検索が早くなる様にリンクの工夫したいですね。
 

お便り、ご質問など、どうぞ

 投稿者:管理者hira  投稿日:2010年11月 4日(木)17時09分21秒
返信・引用
  掲示板を設けてみました。ご利用ください。どうぞよろしく。  

レンタル掲示板
/1