teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


トランスヨーロッパ壮行会

 投稿者:shirubeメール  投稿日:2003年 3月31日(月)02時36分45秒
  29日夜は、トランスヨーロッパの壮行会を開いていただき、たくさんの人に
励ましていただきました。参加の皆さん、ありがとうございました。

参加者のお一人のUさんのおっしゃるように、行きたいと思うたくさんの人の中で、
たまたま時間と金と走力の3拍子を揃える事が出来た者達が参加するのだと思います。
走れることに感謝しながら、毎日を走り続けてきたいと思います。

走れることを喜びつつ、平和であることを祈りつつ。
 
 

東京湾一周

 投稿者:shirube  投稿日:2003年 3月22日(土)21時36分28秒
  この3連休、東京湾一周ジャーニーランに参加しています。
日本橋-千葉-横須賀-四谷と走って合計約180kmの道程です。

1日目は11時スタートで41.5kmと短く、しかも晴天で快適に走れました。
30+数人が参加。皆制限時間内に余裕で完走でした。
昨年12月とは逆向き。ルートも結構異なるので、新しいコースを走る楽しみが
ありました。稲毛浅間神社を訪ねたときに流れていた雅楽の音がとても心に滲み
ました。緑の森も心が癒される落ち着きがあって快かったです。
昨日は、トランスヨーロッパを意識して、1日の走行距離を80km程度にしよう
と、朝スタート前と、夕方ゴール後にも走りました。気持ちの良い1日でした。

2日目は、千葉-横須賀76.7km。まだ暗い4時半にスタート。
途中66.5km地点が金谷港、ここから東京湾フェリーで久里浜に渡るのだが、
切符売り場に着いた時には出港待ちしていた船が、改札に行った時は消えていると
いう見事なタイミングで一便乗りそびれてしまった。お陰で45分待ち。乗船時間
はそれより短い35分だというのに・・・・。

天気は曇り、金谷直前で少しだけ小雨になっただけ。思っていたよりも降られずに
良かった。金谷までは昨日同様トップ。先頭を走るのは気持ち良い。そのまま、
2位以下よりも一便早い船に乗るつもりでいたのに、昼前後だけ運航間隔が45分
になる(夕方は40分間隔)ため、出航時刻の予想が外れてしまった。知っていた
ら乗れたろうなあ。さて、この船に何人のランナーが乗っているのだろう。
そう思って下船したところ、結局、同じ船に乗っていたランナーはいなくて私だけ
でした。他は、さらに45分後またはそれ以降になったようです。

下船後の10kmを独走で走ることになり、15時半頃ゴールしました。
チェックイン後は今日も、コースを戻って走ることにしました。
15分走ったあたりから後続との出会いがあり、昨日とは結構違う
順番がなかなか面白く思えました。昨日より今日の方が調子が
いい人と、逆の人、昨日同様の人と様々。グループで走る人と
個人で走る人は、さすがにほぼ昨日と同様。でも今日の方が
バラけ気味なのは、やはり長丁場のせいでしょうか?

いつも制限時間ギリギリのOさんが、昨日も今日も調子が良くて
余裕の走りだったのが印象的でした。当然ニコニコ顔!(標)

明日もニコニコ顔で一日を走りたいものです。



 

TE-FRホームページ日本語版が部分公開

 投稿者:shirubeメール  投稿日:2003年 2月22日(土)18時58分53秒
  トランスヨーロッパフットレース日本語版ウェブサイト が一般公開されました。
まだ部分公開ですが、徐々に充実されていくことでしょう。

http://members.jcom.home.ne.jp/tefr2003japan/

なお、最初は、タイトルしか表示されていません。
大会名の文字やマークの上ににマウスを動かしてクリックすると、
本体が表示されます。


 

「TE-FR 応援掲示板」が開設されました

 投稿者:shirube  投稿日:2003年 2月10日(月)12時36分7秒
  昨年のアメリカ横断レース(ラン・アクロス・アメリカ)に続き、
今年は4月からヨーロッパ横断レース(TE-FR)が開催されます。
日本からも全行程参加者が10人を数えます。他に部分参加者もいます。

TE-FTの日本語版ホームページも近々オープンされる予定で、
そこにはルート図等もアップされる予定だそうです。

上記ホームページの一般公開に先行して、「TE-FR 応援掲示板」が
開設されました。携帯電話からのアクセスも可能ですので、
ご利用ください。

http://8506.teacup.com/tefr2003japan/bbs

http://8506.teacup.com/tefr2003japan/bbs

 

玉川上水再び

 投稿者:shirube  投稿日:2003年 2月 8日(土)21時20分10秒
  今日また、玉川上水を走ってきました。
今日もまた、三鷹を過ぎた辺りで天気がやや悪く(晴->曇)なりましたが、
しばらくすると回復して、気持ちよく走れました。
ただ、前回の雪の日には快適だった上水土手の土道は、今日は結構
泥んこドロドロの所が随所にあって足をとられて走りにくかったり
しました。踏み固められて走りやすいところもあるし、あの違いが
何によるのか少し不思議に思いました。
 

玉川上水雪上LSD

 投稿者:shirube  投稿日:2003年 1月 4日(土)01時26分15秒
  今日は、雪の玉川上水を走ってきました。
家を出る時は重~い曇り空でしたが、三鷹を出たところで
雪になりました。でも、きっちり冷えていて、乾いた粉雪
だったので、路面に落ちても全く融けずにそのまま積もり
始めました。
これなら服はほとんで濡れずに済むし、靴も当分大丈夫そう。
そう信じられたので、そのまま前へ進みました。

玉川上水横の土道が早くも白い道になっていました。
いつもは小石がゴツゴツしていて走りにくいのだけれど、
雪がそれを埋めてくれて、しかも気持ちの良いクッション
代わりにもなってくれて走りやすい。すり足走法には丁度
良い滑りにもなる。それでいて蹴り足には、小気味良く
抑えが利いてくれる。

時計を見ると、玉川上水駅で12時。拝島駅まで行くつもり
だったが、そろそろ戻り時と思い折り返したが、そのまま
帰りたくなくなった。もっと雪上LSDを楽しみたい。
自宅付近まで帰ると暖かいので、雪が融けてグチュグチュに
なっているかもしれない。そう思うと、そのまま帰れなかった。
もう一度折り返して拝島へ向かう。雪が顔に向かって
吹いてくる。折り返す前は追い風で気持ちよかったらしい。
でも、もう折り返さない。毛手袋の上にポリ手袋を重ねて
濡れを防止する。

玉川上水駅の先は、森の中のような道。ちょっとした
山の中のよう。広いところは白い雪原。突き進んで良かった。
最高に快適な雪上LSD。
平坦な所は快いが、やはり、坂道では滑る。ちょっとした
登りで滑って転んでしまった。雪が靴の中に入る。
これを機に、靴下の濡れ防止のためにコンビニ袋を靴下の
上に履いてみた。初めての試みだったが結構良かった。
冷えかけた足から冷えが退散した。

速くはないが順調に走って拝島へ到着。コンビニで腹を
満たして折り返す。雪の上を走れるのがとても幸せに
感じる。楽しい時間。

三鷹まで、なんとか明るいうちに戻ってきた。三鷹を
過ぎると、積雪の様相が変わった。それまでの白い歩道が
なくなり、融けた雪が少しだけ残る滑りやすくて走り
にくいザラザラした道。都心に近づくにつれ、やはり確実に
路面が相対的に熱いようだ。井の頭公園ですら、雪の白さは
半分程で、残りは融けて土が剥き出しだ。道部分には白いもの
がない。

自宅に近づくにつれ、暗くなったこともあり、融けた
雪が凍っているところが時々出てきた。三鷹よりも拝島側では
明日も走りに来ようかと思ったが、これでは、三鷹までの
道がアイスバーンになっていて走れたものではなさそうだ。

自宅まで戻ると、雪は降らずに雨だったのだろうかと
思う様相。わずかに植木に雪が残っているだけだった。
同じ東京都内でもこんなに違うのだ。

夜になると太鼓のようにうるさい音のする雨になった。
昼間がこんな雨だったら、走ったりしなかっただろう。

今日は東京湾一周の時着たジャケットとパンツを着て走った
のだけれど、その内側に着たフリースのベストは帰宅時には
乾いていた。雪による濡れは全くなかったことになる。走って
いて適度に暖かくてとても良かった。
 

第12回東海道五十三次遠足、日程

 投稿者:shirube  投稿日:2002年12月26日(木)22時56分39秒
  田中義巳のジャーニーランクラブ・機関紙「走 り 旅」第0201号(発行:2002年12月23日)によれば、
東海道五十三次遠足・第12回ジャーニーラン大会は、
「享保の象の旅を辿る・編(京街道、中山道、美濃路、姫街道、東海道)」
になります。
 
今回は、昨年のゴール地点・大坂・京橋からスタートする初の「東海道五十三次遠足・ジャーニーラン大会」となります。実際に走るコースは、京街道4宿、東海道3宿、中山道11宿、美濃路7宿、東海道3宿、姫街道3宿、東海道29宿で、正しくは「(東海道)六十次遠足」となります。

 “享保の象”は、将軍・吉宗への献上のため、長崎から江戸への陸路・354里(約1400km)をゆく長旅を続け74日目に江戸・浜御殿へたどり着いたそうです。
 今回の大会は、そのうち、大坂~江戸までの行程を出来るだけ忠実になぞるものだそうです。
 象の一行は、4月24日に大坂を出発し、32日目に江戸へ着いており、途中、京で3泊、三ヶ日で2泊、箱根で4泊していることを差し引くと、実働で25泊26日の旅だったことになります。今大会の総行程がおよそ593kmとなるので、1日に5~6里(22.5km/日)歩いたことなります。
 3年前に実施した「朝鮮通信使の道・編」との大きな違いは、守山宿・鳥居本間が本来の中山道ルートになることと、御油・浜松間が姫街道ルートになることです。

{大会予定} ※ 最終的な距離は、若干の変更あり。
●[スタート]大坂城・京橋口      12月29日(土)午前7時  
◎[ゴール] 江戸・日本橋・元標の広場  1月5日(日)午後4時まで   
総走行距離   593km

・ 第1ステージ(12/29・日) 大坂城・京橋口~草津宿・本陣        79km
・ 第2ステージ(12/30・月) 草津宿・本陣~大垣宿・名古屋口門跡     82km
・ 第3ステージ(12/31・火) 大垣宿・名古屋口門跡~岡崎宿・西総門交差点 83km
・ 第4ステージ( 1/01・水) 岡崎宿・西総門交差点~浜松宿・連尺町交差点 72km
・ 第5ステージ( 1/02・木) 浜松宿・連尺町交差点~府中宿・札の辻    84km
・ 第6ステージ( 1/03・金) 府中宿・札の辻~三島宿・三島大社      68km
・ 第7ステージ( 1/04・土) 三島宿・三島大社~藤沢宿・遊行寺       70km
・ 第8ステージ( 1/05・日) 藤沢宿・遊行寺~日本橋(ゴール)      55km
 

第12回東海道五十三次遠足について

 投稿者:shirube  投稿日:2002年12月24日(火)12時35分3秒
  ようやく正式呼び掛けがありました。良かった。


    東海道五十三次遠足・第12回ジャーニーラン大会
  享保の象の旅を辿る編(京街道,中山道,美濃路,姫街道,東海道)
■とき 2002.12.29~2003.1.5 8日間 593km
■スタート 12.29(日)AM7:00 大坂城・京橋
■ゴール  1.5(日)PM4:00まで 日本橋・元標の広場
■ステージ ①79km②82km③83km④72km⑤84km⑥68km⑦70km⑧55km
■参加資格、競技方法  例年どおり(問い合わせてください)
■参加申し込み 12/26までに、呼びかけ人まで、電話、メール等による。
 

東京湾一周ジャーニーラン3日目

 投稿者:shirube  投稿日:2002年12月23日(月)19時57分13秒
  東京湾一周3日目の今日は、気持ちよく晴れてくれました。
快晴! 快走! 最高!
っていうのが、ゴール時の感想です。

ちょっと腹を壊して、トイレに駆け込むこと4度。
約10km地点では、つまづいて前倒れ転倒し、左膝と右肘、その他を打撲。
そんな万全とはいえない状況でしたが、かえって気負いのない走りが出来て
良かったのか、終わってみればほぼ期待通りの正午前のゴール(49.5km
を6時間04分18秒;11時39分)を、1位で飾ることが出来ました。

多分気温はそんなに高くなかったのだろうと思うのですが、
それだけに日光を浴びて走れるって幸せですね。前後を走る相手と
追いかけっこをして頑張っていても、昨日とは苦しさが違いました。
太陽エネルギーってホント凄いです。

ゴール後は、小休憩の後、逆走して後続のランナーを迎えました。
荷物なしで、しかもゆっくり走るのってこんなに心地良いんだって
感じました。約5kmを往復した後、制限時刻までランナーのゴールを
待って帰ってきました。

帰りも家まで走ったのですが、空身から再び荷物背負いになると、
イヤー堪えます。足取り重く帰ってくることになりました。(^^;)

体重を量ったら、さすがに減っていました。ウルトラマラソンから
帰ってきて体重が減っていたのは、私には珍しいことです。
2kg減、嬉しいことです。(^^)
 

東京湾一周ジャーニーラン2日目

 投稿者:shirube  投稿日:2002年12月22日(日)21時36分59秒
  今日は76.7km、スタート5時半。途中約1時間ほど船に乗るための
時間ロスがありましたが、16:38にゴール(多分4位)しました。
制限時刻が昨日より30分早いので、自分のゴールも昨日より早い時刻に
したかったのですが、途中でつぶれて叶いませんでした。しかし、天気が
違うせいで、昨日は暗くなってからのゴールでしたが、今日は明るいうちの
ゴールが果たせました。
朝は雨、昼頃から雨がやみました。曇りとはいえ、雨じゃないのはやはり
ずっと快適です。
東京湾1周は、どこかに要所要所に寄って旅を楽しむっていう感じではなくて、
ひたすら走る感じ。記憶に残っているチェックポイントは、しょうじょう寺
の狸塚くらいです。
 

レンタル掲示板
/12