teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


何の気なしにポチったら…

 投稿者:天羅  投稿日:2018年10月15日(月)20時46分5秒
編集済
  「買いたい」と強く思う物は相場より安く手に入らないものです。
ところが、何となく入札したものは、相場よりもずっと安く手に入ったりします。
DA15/4Limitedを2万円で入手しました。
相場は2万6千円辺りなので、珍しく安く手に入りました。
素曜日の午後から一泊二日で紅葉と温泉を楽しみに出かけます。
「御嶽山はフジを持って行ったから、乗鞍岳はペンタックスで行こう。」と考えました。
その際、換算30mmスタートでは少々心細いのと、現状ではペンタックスで星景写真が撮りにくいので、広角を一本欲しくなってしまいました。
ズームやもう少し高性能なものもあるようですが、一番小ぶりなレンズにしました。
「どうしても欲しい」というわけでもなく、思い付きで入札したら、そのまま落札されました。
今時、小さい事を喜ぶ人が少ないのでしょうか。
御嶽山のようにロープウェイで別世界を見るわけではないので、HD55-300mmを持ってゆこうか少し迷っていますが、取りあえず写真に写っている三本を持ってゆこうと思います。
15,20-40,43mm
案外、焦点距離も被ってないですし、「広角」「標準ズーム」「明るい中望遠感覚」と、それぞれ使い分けれそうです。
二枚目が15/4で撮った初ショットです。
出来る限り近づいて撮ったら、やはりちょっと非現実的な姿に写ってしまいました。
三枚目は比較用に20-40の30mm付近で撮ったものです。
どちらも写りが柔らかです。
キャップは金属瀬のねじ込み式で、ねじ込むと「PENTAX」のロゴがちゃんと水平になります。
そういう写りとは全く無縁な些細な所にこだわりを感じます。
ただ、ギリギリまで小さくしたようで、スリムタイプのフィルターでなければケラレを起こしてしまいます。
かと言って、フィルター無しで使うと、思わずレンズに触れてしまいそうなほど小型です。
しかし、ねじ込みの蓋の美しさを見ると、これはフィルター無しで使うレンズのようです。
*ist-DS2にとてもよく似合います。
35/2.4が金属外装のLImitedならば、上質な小型レンズセットとして*ist-DS2でも楽しめそうなのですが。
おそらく、マクロレンズと焦点距離が被ってしまうのでLimitedとしては出さないのでしょうが、僕が所有しているペンタックスレンズで35/2.4の写りが一番いいと思います。
 
 

高画素過ぎても…

 投稿者:天羅  投稿日:2018年10月15日(月)06時30分40秒
  デザイン担当者は熱く語っていましたが、僕の眼には (GW690+XE1)/2 って感じです。
メーカーとしての統一感があっていいと思います。
僕には処理できるパソコンが無いので、無用ですが。
フルサイズの高画素機がフィーバーしてますし、ペンタックスは中判デジカメを辞めてないですし、それなりに需要はあるのかもしれません。
おそらく業界向けがメインになるのでしょうが。
ただ、交換レンズも次々出すようで、GXF50Rは本気で一般ユーザーにも買ってもらうつもりのようです。
APS-Cでさえ2,600万画素になってきている今、中判で5,000万画素ですと「少なめだなぁ」って思ってしまいます。
近い将来には1億画素に達することを想定してレンズを作っているそうです。
1億画素もあって、一切ブレの無い写真を撮る事なんて…完全に無風の時にしか実力を発揮できそうにない気がします。
 

画面サイズ

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2018年10月14日(日)23時38分19秒
  フィルムの頃にはGW690を仕事で使っていました。135の距離計連動機をそのまま
大きくしたようなデザインで単焦点の固定レンズ。集合写真ではこれしかないと
言ってもいいほど扱いやすくしっかりしたカメラでした。

新型発表会などのイベントが容易に行ける場所で開催されるのは羨ましいです。
景気がよかった頃はSONYのビデオやキヤノンOA機器の販売店向け発表会などに
行く機会もありましたが、各社とも規模を縮小して営業所さえないような現代では
どこかのお店で行われない限り、機会はなくなってしまいました。
ミノルタのα7000が出たときにはメーカーがデモ機を持って店舗を巡回したり
デモしているうちに動かなくなったり、面白かったものです。

フジの中盤はどこかのカメラ量販店のメールで見かけた気がします。
いまさら大きなフォーマットで高画質を謳ったところで、あまり意味はない気もします。

画素数が多いほうが画質面では有利になるとは思いますが135フルサイズでさえ
処理するPCやプリントが対応しきれなくなっているのに、今更大きなフォーマットが
大きいからといって、そうそう売れることはないように思います。

HDMI入力のある32インチのテレビをもらったのでPC用にと思って繋いでみました。
目の能力が衰えて近くはピントが合わないし、かといって離れると細かい字が
読めないので画面が大きければと思ったのですが、解像力の低さと階調の狭さで
これを主力にするのはちょっと厳しそうです。やはり安物はダメということでしょうか。
あるいはビデオカードとの相性がよくないのかもしれません。

         何事も大は小を兼ねるというわけにはいかないらしい  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

新作発表会

 投稿者:天羅  投稿日:2018年10月14日(日)07時58分53秒
編集済
  正直、「写ルンです」でも満足できたのですから、スマホで充分だと思います。
自然な感じにボカすことなど加工も簡単です。
画素数がそれなりにあるので、トリミングズームでもある程度耐えれます。
しかも、当然ですが、簡単にSNSに載せることが出来ます。
「SNSのために撮影する」人が大半を占める今、輝度差があると自動的にHDRや被写体中心の露出をしてくれるスマホはかなり優秀で、カメラの方が力不足です。
「自分で考えて撮るのがカメラの楽しみ」と言えばそうですが、裏を返せば「技術がスマホに追い越され、引き離されている。」という事になります。

フジの新作発表会に行ってきました。
GFX50Rを触ってきました。
X-E1によく似てますが大きくて重いです。
「集合写真で使われていたフジの中判カメラのデジタル版」って感じです。
おそらく素晴らしい絵を描いてくれるのでしょうが、おそらく使いこなせないです。
それと、RAW現像について語っていたので、「方向性が変わってきたのかな?」と感じました。
以前は「現像処理までやるのがフジ」ということでJPEGに力を入れていたのですが…
やはり、高級機になると自分で調整したい人が多いのでしょうか。
素人の写真で、そこまで心奪われる写真に出会ったことは無いですが…
X-T3はなかなか良さそうでした。
程よい重量感は撮影に対する高揚感を煽りそうです。
カタログ写真の作例は美しく、素子が裏面照射になったそうで、気になります。
けれど、「買い替えてまで欲しい!」とまではゆかないです。
レンジファインダースタイルが気に入っているようです。
たくさんのレンズが置いてあったので、普段接することのない高級レンズも触ってみました。
とにかく、重くて大きくて、使う気になれないです。
90/2くらいまでが限界でした。
それよりも、帰りがけに受付で見かけた、フジの社員が置きっぱなしにしていたX-70が気になりました。
小型・薄型でスタイリッシュで、ポケットに入れて持ち歩きたくなる雰囲気を持ってました。
換算画角が40m近辺だったら迷わず買ったでしょうが…
 

高級レンズ

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2018年10月14日(日)04時27分47秒
  良いレンズに人気があるのは良いことではあります。高級レンズが売れるのも良いです。
しかし、以前キヤノンの50mmF1.8が撒き餌と言われたように、安くてもほどほどに
性能のいいレンズはできるはずです。なくなってしまったのは残念です。

フィルムの一眼レフに活気があった頃は50mm標準レンズがいくつか用意されていて
F1.8かF2程度の小型で安いものと、少し高めのF1.4、難しいけど偉そうなF1.2の中から
予算に応じて選択することができたものです。

とはいえ最初の一本が単焦点ではなくズームになってからそれなりの年月が経ちます。
単焦点のほうがが珍しくなってしまった現代では高級レンズ扱いされるのも仕方が
ないことなのかもしれません。

フィルムの頃もはじめてのカメラはお父さんのカメラ→家のカメラ→レンス付きフィルム
と時代に応じて変化してきました。
現代はスマートフォンがはじめてのカメラという例がほとんどだと思います。
カメラ性能は画質も性能も向上し、コンパクト機を凌駕してしまうほどです。

そこからカメラへ移行する、あるいはステップアップしてもらうためにはかなりの
差別化がなされる必要があるのでしょう。
それは超望遠や超広角だったり、あるいは手軽に背景がぼかせる明るいレンズなどの
わかりやすい特徴が必要なのかもしれません。
だとしても、ちょっと奮発て満足が味わえた50mmF1.4が超高級レンズに落ち着いて
しまうのは、やはりなんだか違う気がします。

      50mmF1.4はドキドキがはじまるレンズであってほしい  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

高価格帯しか売れない?

 投稿者:天羅  投稿日:2018年10月13日(土)06時50分14秒
  ペンタックスのフルサイズ50/1.4が高評価のようです。
世の中の流れは、「高性能レンズならば重く大きくても構わない」路線のようです。
そうなると、心惹かれるレンズは無いです。
おそらく、「ちょっと背伸びして、いいレンズを買いたい。」という顧客が減ってきているのかも知れません。
そのため、「そこそこの値段でそこそこの性能」のレンズをたくさん売ろうとするよりも、「とんでもなく高いけどどんでもなくいい性能」のレンズを売った方が利益が出るのかもしれません。
もしくは、メーカー同士の技術力の見せ合いなのか。
いずれにせよ、ペンタックスからAPS-C Limitedの新作やフルモデルチェンジは期待できなさそうです。

ハーウェイのP10を「デジカメ」として思い切って買ってしまおうか揺れましたが、3万を超えると、さすがに手を出しづらいです。
スマホで進化しているカメラ技術がコンパクトカメラにも搭載されれば、ちょっとしたブレイクスルーになると思うのですが…
素子の大きさが違う辺りで実現しづらい部分があるのでしょうか。
 

フルオート

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2018年10月13日(土)00時53分23秒
  デジタルカメラを使っている現状でもフルオートみたいなものです。
まぁ、絞りぐらいは変えられたらいいのかなと思いながらも、撮像素子も小さいですし
今でもE-PL6にBCL1580を楽しんでいますからパンフォーカスでもいいかとも思います。
露出補正くらいはできることを期待してはいます。欲を言えばモノクロで記録できる
モードがあるといいですね。

夜の撮影に限らず、多少荒れるのは仕方がありません。もしも効果として活かせるなら
むしろ荒れてもいいくらいに思います。
しかし、今回スマートフォンに興味を持ったのはGoogleから出る新型についてテレビで
「夜でも明るく」「暗闇でも撮れる」と紹介していたからです。
それがどの程度なのか、何をもってそれを売りにしようとしているのか興味があります。
ソフトウェア的に処理するだけでは限界があるはずです。それなりの高感度性能を
持っているに違いないと思うのですが、どこを探してもデータが拾えません。
もしも単純に高速連写をして重ねてHDR処理をするというだけならハズレ物件です。

              何もしない素のサンプルも見てみたい  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

「唯一」好き

 投稿者:天羅  投稿日:2018年10月12日(金)07時05分50秒
  スマートフォンの撮影で細かな設定をするとなると、使い勝手は悪いと思いますが、最近はカメラに力を入れているスマホも多いので、使い心地は案外いいかもしれません。
物理ボタンが少ないので、初めは四苦八苦すると思います。
販売店員はISO感度などは全く知らないと思います。
売るのにそんな数値は必要ないからです。
知っていてもバッテリー容量くらいではないでしょうか。
スマホで夜の撮影をするのは…
素子が小さいので荒れるのは目に見えています。
基本的には昼の撮影のカメラだと思います。
スマホの話をしていると、僕はモノクロ+カラーレンズのハーウェイが気になってしまいます。
ソニーのスマホはあのソニーの写りでしょうから、RX100で充分です。
「ほかにはない機能・機構」に心惹かれます。
 

検索

 投稿者:鋭利庵  投稿日:2018年10月12日(金)05時41分6秒
  ネットで目的の情報を引き出すのはある程度得意だと思っていたのですが…
思いつく単語を並べてもPixel3の感度に関する情報にたどり着きません。ネット絡みの
PCやデジタルカメラの資料は、ネットで調べてある程度知識を持ってから現物をお店で
触るという方法が理解しやすいのですが、そうもいかないのでしょうか。
お店の人がどこまで知っているのか、販売店はどこまで詳しいのか興味もありますが。

感度だけなら現在はSONYが最強ということでしょうか。
51200でF2程度の明るさがあれば85mmF1.2をつけたα7Sと併用して夜の徘徊に使える
かなという期待があります。35mmF1.2は最強レンズのひとつですが、レンズ交換が
面倒とは言わないもののタイミングを逃すこともあります。かといってα7Sは複数持ち
できるほど安い機体でもありません。

そういえばSONYがAPS-Cの新型やα7SⅢを出すという噂もありますね。
今更APS-Cという気もしますが、Nexスタイルなら理解できると思ったらデザインが
大幅に変更されて一眼レフっぽいカタチになるという噂もあります。
α7SⅢがどうなるのかも興味あります。さらに感度を上げたり超々高感度でのカブリを
解消してきたら、ちょっと困ってしまいます。

   スマートフォンがコンパクト機以上に使いにくいと却下ですが  鋭利庵でした

http://www.alien.sakura.ne.jp/

 

ダブルレンズ

 投稿者:天羅  投稿日:2018年10月12日(金)00時11分20秒
  そうですね、「スマートフォンだから」でしょうね。
ソニーがありましたね、すっかり忘れていました。
ソニーは当然素晴らしい絵を出してくれることが期待できます。
ハーウェイは「感度を上げずに画質を維持する」方向なのでしょう。
「諧調情報のモノクロと色情報のカラーを組み合わせることで絵を描き出す」
まるで天体撮影のRGB撮影のような感じなのかなって思い、興味があります。
鋭利庵さんもスマホデビューでしょうか。
 

レンタル掲示板
/577