投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


『ギガタウン』オンナ編第7位

 投稿者:nishimurah  投稿日:2018年12月16日(日)08時31分4秒
編集済
  『ギガタウン』オンナ編第7位 [このマンガがすごい!2019]
https://twitter.com/nisimura_hitosi/status/1074069838807486465
 

祝 JR呉線 全線復旧

 投稿者:nishimurah  投稿日:2018年12月16日(日)08時10分16秒
  中国新聞(2018.12.16) 呉線が全線復旧
朝日新聞(2018.12.16) おかえり JR呉線
https://twitter.com/nisimura_hitosi/status/1074077902646341633
 

いいなあ。

 投稿者:Tantan  投稿日:2018年12月15日(土)20時02分1秒
  『かっぱのねね子』、最初の花壇を見てFF7のエアリスの花壇を思い出しました。
こうのさんの子供向けのマンガでは母親が穏やかですね。子供にフォーカスさせるためなのかなと思いました。
その10のいずみちゃんのコーディネートが好きです。マスタードイエローはいつ見てもいいですよね。視界に入るだけで嬉しい色です。対してねね子さんの靴の色はボルドーなので二人でマスタードイエローとボルドーの組み合わせ。お洒落です。一人にこの2色を使うと場違いになりそう。

ストポは、大正?の娘さんとアラブのおじさんの顔が好きです。46ページからの詩に「夕凪の街」っぽさを感じ、そのあと「しあはせの手紙」っぽさも感じました。落ち着く優しさがあります。ワンパターンというのではなく、同じ空気がいつもあるんだと思います。
みなみさんのシリーズ、みなみさんの冬休みの扉が良いですね。目が釘付けになります。マンガはなんとなく、「七海さんの日常」という感じで読んでしまう自分がいるような・・・。翠さんを魅力的に感じるのは「ぷらづま記」と、いわゆる女性主人公との中間的な描かれ方だからかも知れません。

懸賞ページの挿絵、今回、一番感動した絵たちです。伸びやかで穏やかで晴れやかで。
ぴっぴらさんとおなじ頃に描かれていてどんどん絵が変わっています。同じ頃、モーニングでは「バガボンド」が連載されていて、私は立読みはしていたと思うのですが、懸賞頁には気づけなかったようです・・・
中国茶、桜、ビアガーデン、新米、夕涼みが好きです。桜、新米、夕涼みは、日本に住んでいて日本の風土で良かったとまで思います。桜が描かれたのは「桜の国」よりも前ですね。桜も稲穂もモノクロのマンガに合いますね。さりげなく在るゲームキューブは懸賞品だったのでしょうか?
続く四コマ群は、いつもの、という読み味でした。馴染みの定食屋に行って脳がほぐされるような。

懸賞ページの挿絵、購入して最初にざっとみて目に飛び込んできたとき、本当に驚きでした。こんな情景、今までの絵画でも写真でも映像でも見たことないんじゃないか。すごいって。頁をまとめて続けて見せられたので、「すごい」が積み重なって余計にそう思えたせいかも知れません。
冷静に考えてみれば、似た魅力の画像が少ないのは当然かもしれません。
背景に風情を持たせようとするマンガ家は少なそうですし、観光地の写真や映像も当てはまらない。マンガ絵を用いない絵画も当てはまらないです。
なんでこんなに魅力的な絵が描けるんだろう、なんで他にないんだろうと思っても、滝田ゆうの感性を女性で取り入れる人が希少だった?くらいしか思い付きませんでした。
もしかしたらこうのさんにとって、長居できる古本屋の存在がとても重要だったのかも知れません・・・
広がりがある空間。人物の穏やかさ。明るさ。見ていてこんなに心地よい絵は他に比べようがないです。と個人的に思いました。
懸賞ページなので懸賞品を載せる余白的な空間が広いといえばみも蓋もないですが、広々とした絵はいいものです。それ以降で似た絵は何だろうと思ったときには『ぼおるぺん古事記』二巻の表紙が浮かんできました。
「夕凪の街 桜の国」の月のカラー口絵と終盤の桜の見開きが何で魅力的なのか少しわかった気がします。「こっこさん」にも広い絵が多かったです。どの絵もゆっくり見直そうと思います。

あと、この前買わなかった『ぴっぴら帳』新装版の後編は、買えるうちに買わないと後悔するリスクがあるのでその後、購入しました。
今回の百一、色合いと枯れ葉の少なさで寒さが伝わってきます。こういう鳥を見るの、好きです。大きいと遠くからでも模様を見れますし。
 

『かっぱのねね子』読みました

 投稿者:紅 三十郎  投稿日:2018年12月15日(土)18時00分11秒
  『かっぱのねね子』読みました!可愛いですね。
https://twitter.com/MacSanjuro/status/1073549435257335810
のんさんって、実は田んぼで遊んでた野生児らしいので、ねね子と性格が似てるんじゃないかな?なんて思いました。
じゃ、『かっぱのねね子』が映像化されたら、やっぱり主演はのんさんでお願いします、と妄想中です。(妄想は無料のエンターテイメントですよねw)
ちなみに、『ぴっぴら帳』のP88に私の一番好きなギャグがあります。(私も誰かに言ってみたい、そんな状況になったら嬉しいなと妄想中w)

白花タンポポは冬支度しました。昨日あたりから真冬のようで、冷たい北風が吹いたので、はやめにしておいて正解でした。
私の家は冬に北風が強く吹くためです。
しかも、鉢を空中に浮かしてるのでなおさらです。
https://twitter.com/MacSanjuro/status/1068100688226316289

台風24号の、海水が巻き上げられたことによる「塩害被害」もタンポポにはあまり影響はなくてホッとしました。
(他の若い果樹の苗木は、葉っぱが相当傷んで散りました。)

白花タンポポの育苗は、自分が好きでやっています。
白いタンポポって神秘的ですよね?
「白いタンポポが身近で咲いていたら素敵だろうな」という素朴な想いです。
(また咲きそうです!嬉しい)

白花タンポポ栽培は、誰かに頼まれたわけではありませんので、どうぞゆる~く考えてください。
椿屋敷ならぬ、白花タンポポ庵で微笑む自分を妄想中ですw
「黒藤の屋敷の小川から流れてくるのは白いタンポポか黄色いタンポポか?それが討ち入りの合図になっている」などと、さらに妄想中(『椿三十郎』より)
 

今回の百一

 投稿者:たけし  投稿日:2018年12月15日(土)16時15分26秒
  カササギは岐阜では見たことがないです。特に真っ白いカササギなんかは珍しいのでしょうね。

それとこうの先生宛ての年賀はがきを送りました! 猪独活(シシウド)の年賀はがきがちゃんと朝日新聞出版へ届いてくれるのか? 毎年自信ないです……
 

(ややネタバレ)「かっぱのねね子」読みました

 投稿者:しお  投稿日:2018年12月14日(金)23時51分25秒
  「ねね子」は全話カラーなのが嬉しいです。ながいくんが可愛くて目が離せません・・・
マフラーが似合いすぎ。
という訳でながいくん中心に見ていたら、読書家の彼が「E=mc2(←2乗)」と表紙に書かれた本を読んでいてびっくり。こんなところにこの公式がでてくるとは。
表紙カバー絵と、本体の表紙絵が微妙に違うのも間違い探しみたいで楽しいです♪
>市村康さん:「殿、殿中にござる!歩き」・・・的確すぎる表現で笑いました(^^)
 

『かっぱのねね子』

 投稿者:堀和恵  投稿日:2018年12月14日(金)21時18分43秒
編集済
  まず、あとがきを読ませてもらいました。
小学生向けの雑誌に掲載されていたとの事 ー
『これが本来の漫画の道なんだ』と感じられたのですね。
こうの先生が、ずっと既成の枠に不自由さを感じてこられたのだなあ~ と思いました。
さあ、作品を読むのが楽しみ、楽しみ・・
もう、右ページの『お役所 対 こうの』で、笑ってしまいました。
 

『かっぱのねね子』

 投稿者:nishimurah  投稿日:2018年12月14日(金)20時36分45秒
編集済
  届きました『かっぱのねね子』
https://twitter.com/nisimura_hitosi/status/1073541117184901120

<追記>描きおろしの「かっぱ紀行」がいいです!
https://twitter.com/nisimura_hitosi/status/1074057672452800512
 

あす呉線復旧 念願の全通

 投稿者:nishimurah  投稿日:2018年12月14日(金)08時20分14秒
編集済
  中国新聞(2018.12.14)
あす呉線復旧 念願の全通
https://twitter.com/nisimura_hitosi/status/1073334385464803329

※おかえり呉線プロジェクト
https://blogs.yahoo.co.jp/okaeri901000

 

映画でつながる「この世界の片隅に」無料上映会

 投稿者:たけし  投稿日:2018年12月13日(木)22時07分47秒
編集済
  ~西日本に元気と笑顔を広げたい~ 『映画でつながる「この世界の片隅に」無料上映会』

※開催会場と実施日時
広島県 2019/1/14 (月・祝) JMSアステールプラザ 中ホール 開場16:00 / 開演17:00
岡山県 2019/1/15 (火)   イオンシネマ岡山       開場18:40 / 開演19:00
愛媛県 2019/1/25 (金)   シネマサンシャイン大街道   開場18:10 / 開演18:30

※無料上映会トークイベントゲスト
北條すず役 のんさん(女優) プロデューサー真木太郎(株式会社ジェンコ代表取締役)
進行「浅見典子(東京テアトル)」

無料上映会への申し込みは『映画でつながる「この世界の片隅に」無料上映会』のHPでご確認をお願いいたします。
http://hashiwatashiproject-konosekai.jp/
『映画でつながる「この世界の片隅に」無料上映会HP』より
 

/406