新着順:421/4234 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

明日は広島原爆忌ですね

 投稿者:こうの 史代  投稿日:2018年 8月 5日(日)19時10分24秒
  通報
   暑いですね!
 そう、運動全くできなかったわたしが唯一参加を続けていた福知山マラソンは、今年から10㎞の部が5㎞の部に変更になってしまいまして、5㎞はなんか本気度が高そうなので、参加を躊躇しているところです。かといって、フルマラソンはちょっと敷居が高すぎるしなあ…。
 たけしさんも、無理しないで下さいね!

 百一もご覧になって下さって、皆さん有難うございます!
 今回は、お友達は「男塾」、おたふくさんは「ギフト±」の環ちゃんのコスプレです。
 ちなみに「ギフト±」は、タカシぼっちゃんが梨世にじわじわいたぶられていている今の展開は結構好きです。


 そうそう、ご報告がいくつか。前書いたものもありますが、もう一回まとめておきます。

 8月20日午後、大和ミュージアムで片渕監督と、映画製作当時のイベント「このせか探検隊」の映像を見ながら対談します!
 これは、呉の復興応援ということで、急きょ決まりました。
 実は、監督(たぶん)もわたしも、この映像は、参加はしていたけど見たことがないのです。というわけで最初からまとめておいた発言はなく、まあ、ゆるーい感じになると思います。
 呉市美術館では「この世界の片隅に」原画展示が開催中です。映画のヒットのおかげで、あちこち巡って、ようやく呉に帰って一息ついた、という感じです。

 福知山でも、いろいろ展示します! あんまり取り上げられないけど、こちらも今回の豪雨ではさりげなく被災しているのです。ちょっとでも復興支援になればいいなあ。

 8月23日~9月17日、佐藤太清美術館で「ぼおるぺん古事記」「平凡倶楽部」。
 ぼおるぺん古事記は、原画の他に、掲載時の欄外の日記がご覧いただける複製が全点展示される予定です。
 8月21日~9月8日、まぃまぃ堂で「ぴっぴら帳」原画。
 こちらは、いろんな作家さんの可愛い小鳥の作品が同時に展示販売されます。時々わたしが付けている文鳥のブローチは、ここで買ったものです。
 それから、モジカで「荒神絵巻」の複製画と反省文。冬にまぃまぃ堂で展示して貰ったものです。ここは面白い古本がいっぱいなので、時間を忘れるぞ!
 あとは開催中~9月2日、市立図書館では関連図書の展示があります! 「あのとき、この本」で取り上げた絵本や、戦争関連の参考図書などがご覧いただけます。
 あと丹波生活衣館でも。「この世界の片隅に」を入り口に、戦中の衣類の展示があります。

 全部は無理かな…、とお思いの貴方、どれも駅からほぼ1キロ以内、お城や治水記念館など名所の付近ですので、移動は便利ですよ。あとどこもわりと小ぢんまりとした場所なので、落ち着いてゆっくり過ごしてもそんなに時間はかからない気がします。
 しかも、8月24,25日は「ドッコイセまつり」も開催されます!
 福知山の盆踊りは、驚いたことに炭坑節も東京音頭も広島音頭もなくて、ただ延々「福知山踊り」(ものすごく難しそう)を生演奏、生歌に合わせて一般人(たぶん)が踊り続けるのです! ただ見るだけでも面白くて、昔は観光客も多く訪れたようです。
 よろしかったら、ぜひおいで下さいね!!

 それから昭和館の展示も。
 これ、結構面白そうですね!?、わたしも行きたいなあと思っているところです。昭和館としょうけい館には、本当にお世話になりました…。愛国いろはかるたの図案のトートバッグが貰える催しもあります!

 あとは、おおやアート村BIG LABOで開催中の「大宇宙展」にも作品を展示して貰っています。これは、撮影okだったと思うので、どっかに画像上げている人もいるかな?
 だって、宇宙人好きなんだもん…。つい作品作っちゃうよな…。


 で。
 明日はいよいよNHKで「夕凪の街 桜の国 2018」が放映されます!
 きのう、川栄李奈さんとお会いしたところがちょっとテレビに出ていましたが、あの時は、予想してない質問で全くうまくまとめられなくて、ちゃんと話せなかったのが悔やまれます…。「幸せだと思うたび、愛したものを思い出し、失った日を思い出す」これはどういう思いから出た言葉ですか、と川栄さんに聞かれて、本当は
「たとえば今、わたしは川栄さんと出会って、可愛いな、ドラマ楽しみだなと思う。これを話したら母や幼馴染も喜んでくれるだろうな、と思って同時に、そうか、母も幼馴染ももういないんだ、と気が付く。そういう感じです」
と言いたかったのでした。昨日この番組見た人は、そう補完しといてください。

 あと、「この世界の片隅に」も皆さん、ご覧くださって、スペシャルサンクスです!!!
 このドラマ、わたしはいちおう毎回、脚本を見せて貰ってチェックしているのですが、直してもらえるとは限らないみたいです。まあ、脚本の岡田さんがどう展開させたいかはわからないので、あんまり強くは言っていません。文字だけではわからない部分もありますね。
 でも大丈夫…「六神合体ゴッドマーズ」よりは原作に近いんじゃないかな!?
 ちなみに、現代と過去をつなぐものとして、櫛を提案したのはわたしです。広島には、女の子が生まれるとつげの木を植え、お嫁に行く時に櫛を作って持たせる、という風習があったようだ、というお話をしました。

 おっともうこんな時間!
 最後になりましたが市村康さん、お久し振りです!
 natsunohi69さんも! お元気でしたか!?

 皆さん、暑いけど無事生き延びるのだぞ!! 
 
》記事一覧表示

新着順:421/4234 《前のページ | 次のページ》
/4234