投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:amanda  投稿日:2019年 7月15日(月)18時01分48秒
編集済
  ホームセンター兼スーパーのレジで並んでいたら、隣のレジに10cm以上ありそうな超巨大な団子ヘア
(donut bun Hairで検索すると出てくるようなベーグル型)の女性がいたのですが、
新品の虫取り網を持った女児が走ってきて、その団子を捕まえるというエモい光景を目撃しニヤニヤでした。
何故その瞬間を目撃できたかというと、巨大団子を凝視していたからなのですが。笑
私もモフっとしたかったのに・・


ひえー・・いまだにそんなことをさらっと平気で口に出す人がいるとは・・
「何で可哀想?なんでそう思う?どの部分が?」って問い詰めたくなりますよその人。
これ絶対「偏見による生きづらさへの同情」じゃなくて「男を愛せない事への(不要な)同情」ですよね。
ズバッと言い返すみやきちさんのご友人さん、さすがです!!


https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/post-9134.php
ちょっと古いですが、面白かった記事なので貼っちゃいます。
「白人至上主義者はオタク集団を利用する。苦々しく悲しい思いを抱えた孤独な人々がたくさんいる『草刈り場』だからだ」やはりそういう人たちにピンポイントで狙いをつけているとのこと・・。
ブロニー&ペガシスター達とも人口が被ってそうなリベラル色の強いファーリー界隈もこんな状態なんだそうです。そりゃゲーマーゲートもコミックスゲートもああなるわな・・って感じです。


「私はネオナチだった 黒人女性と恋に落ちるまでは」
この記事のアンジェラ・キング氏、もしもあの時彼女が頼れる団体を知っていたらとか、
そもそもホモフォビックではない家庭環境だったら救われたのにと気の毒です。
子供は親を選べないし、多感な時期に受けた怒りや苦痛のせいでそこから過激な思想に向かうのって全て本人の責任と攻めることはできないなですもんね・・orz


「男性の権利活動家」
改めてこの回見直しました。カレン・ストローハンの攻撃的なやり方を見ていると、彼女とっては男こそ崇高で、男からの称賛こそ最も価値があるもの、自分の価値を高め、女の自分を忘れさせてくれるものなんだろうな~なんて思いました。
逆の場合フェミニストを自称する男性の一部が陥りやすいパターンの一つ、「下々の者である女のために声をあげ、知恵の足りない女たちのリーダーとなることによって男としての自尊心を満たす快感」ってやつがあるあるですよね。この非対称性が凄くジェンダー問題を表してるというかなんというか・・


読むのが辛くて積みっぱなしだった書籍「科学史から消された女性たち」
を最近また読み進めているのですが精神的ダメージが大きい毒のような本です。

助手として貢献していたドイツの女性天文学者がアカデミーへの正式な登用を願い出た時、「(科学)アカデミーはその暦が女性の手を借りて制作されているというあざけりに悩んできました。ましてや、もし彼女が今なおそのような立場に居続けるならば、人々は開いた口が塞がらないということになりましょう。」
夫を亡くし、子を養うために仕事が必要だった彼女は追い出されてしまいました。
暦づくりの技術が不足することより、女性のせいでついた汚名のほうがよっぽど大問題だったようです。

この本こんな内容ばっかりできついです。まだ三分の一しか読んでないのに・・!
本当に辛いのは、こういう歴史を知らない人たちの口から出る女性蔑視の言葉ですがorz
 

そしてPhase 3に突入

 投稿者:みやきち  投稿日:2019年 7月14日(日)00時30分28秒
  本日予定通り、Nia Shanksの筋トレプログラム「Beautiful Badass」のPhase 3を開始しました。
広背筋が信じられない勢いで筋肉痛になりました。
これまでどのジムで習ってもいまいち効かなかったワンハンドローが、Niaの教え方だと鬼のように効くみたい。
あと4週間でどれだけ強くなれるか、楽しみです。





>amandaさん

>ヘテロの知人や友人によく可哀想~つまらなそう~人生損だよ~なんて言われるものですから、
>「つまらなくないよ、あなたの普通は私には普通じゃないのよ」って不満が常にあって

あたしのヘテロの親友が先日、職場の同僚(ヘテロ男性)との日常会話で、「自分にはレズビアンの友達がいるんですけど、その人が……」とあたしのことを話そうとしたんだそうです。
全然ネガティブじゃない話題で、です。
そしたらその同僚が、まさしく「レズビアンだなんて、可哀想な人だね」と、会ったことすらないあたしのことをいきなり見下して憐れみやがったんだそうで。
やっぱりいるんですね、そういう人。
ちなみに親友は即座に、「わたしの友達は可哀想なんかじゃありません!!」とめちゃくちゃ怒ってくれたそうです。
そんなわけで異性愛者にも幅広くいろんな人がいるので、「可哀想~つまらなそう~人生損だよ~」派の人とは距離を置くかごく浅いつきあいにして、友のために怒りまくってくれるような人と仲良くした方が楽しいと思います。



>つい最近アンジェラ・サイニー氏のtwitterアカウントが突然消滅しまして(現在復活)、
>どうやら人種に関する著書「Superior」の影響でレイシスト・トロールに攻撃を受けていたとのこと。

うっわー、それは知りませんでした!
amandaさんもおっしゃる通りレスリー・ジョーンズも通った道ですし、スターウォーズのケリー・マリー・トランや、『リトルマーメイド』リメイク版のハリー・ベイリーや、サッカー選手のメーガン・ラピノーが叩かれまくってるのとも同根の現象だと思います。
これはますます「Superior」も読まなきゃだわ……!



>ブライトバード

そういえば、日本のネット右翼の方が自説のソースとしてよりにもよってブライトバートのURLを挙げていて、「ブライトバートじゃねえか!!」「そんなもんがソースになると思ってるのか!?」「まさか読んですらいないのか?」とあきれられていたのを見たことがあります……。
知らないってことは怖いですね。



>https://www.buzzfeed.com/jp/rosiegray/katie-mchugh-1
>「元オルタナ右翼の女性が語る、白人至上主義という世界。」

情報ありがとうございます、今読んできました。
同じBuzzFeedのNetflixドキュメンタリー『世界のバズる情報局』に出ていた女性の「男性の権利活動家」、カレン・ストローハンとか連想しちゃいました。
あと、BBCのこちらの記事も。

私はネオナチだった 黒人女性と恋に落ちるまでは - BBCニュース

レイシズムやセクシズムが居場所がない人を取り込んでいく様相は、まるでカルトかドラッグみたいですね。
でも、だからと言って白人に「居場所がない白人のためのケアを有色人種が提供しろ(でないと差別するぞー)」と言われても困るし、男性に「俺の孤独を女がなんとかしろ(でないと差別するぞー)」とふんぞり返られてもやっぱり困ると思うんですよねー……。
何か教育や自助グループ的なもので、こういう人たちの心の穴をうまいこと埋めることができればいいのに。
 

(無題)

 投稿者:amanda  投稿日:2019年 7月12日(金)20時35分13秒
編集済
  (元XXです。なんだか匿名の荒らしと被りそうだったので某呟きSNSで使ってる名前に変えました。)


『つくられた卑弥呼』
この本の紹介を見かけてからとても気になってたのにまだ手を出せていませんでした!
うわ~!そういう内容なんですね!面白そうです!

「理解できない」ということと「相手を尊重する」ということは両立可能

私は自分は常にそれが可能であるって思い込んじゃつてるのが恐ろしいです。
大きい属性として自分と異なる相手に怒りや悲しみを感じた時も同じでいられるだろうか?
相手を一括りにして憎まずにいられるか?って考えると・・素直にYes!大丈夫!
って言えない自分が情けないです。とくに強い負の感情があるとなおさらに・・

ヘテロの知人や友人によく可哀想~つまらなそう~人生損だよ~なんて言われるものですから、
「つまらなくないよ、あなたの普通は私には普通じゃないのよ」って不満が常にあって、
属性罵りを昨日やらかしてしまいましたorz (文章見てしまった方に申し訳ない・・。)
こういうのを吐き出す前にいったん全ての属性の人のことを頭に思い浮かべて大丈夫かな?侮辱になってないかな?
って判断するようにしなきゃな~と反省です。


早速の購入とは!さすがです!
みやきちさんのレビュー&感想の書き込みがとても楽しみです・・!

そういえばこんな事件が。
つい最近アンジェラ・サイニー氏のtwitterアカウントが突然消滅しまして(現在復活)、
どうやら人種に関する著書「Superior」の影響でレイシスト・トロールに攻撃を受けていたとのこと。
https://twitter.com/AngelaDSaini/status/1146349410353340416

フォロワーが2万人以上いる公認アカウントだったので経緯を知ってかなり驚きです。一体どんな状況だったのやら。
レスリー・ジョーンズもヤノプロスの扇動のせいでアカウント削除にまで追い込まれましたよね、
数の暴力のせいでそう珍しくない事なのかも・・。あまりにも酷いですが・・。
「Inferior」も相当攻撃を受けたはずですが、「Superior」で爆発したのかもしれません。
どこの国でもレイシスト(セクシスト)アカウントは同じようなリプするんだな~って関心してます(通報ポチッ)。

ヤノプロス繋がりで思い出しました。ずっと昔まだ無知な頃にうっかりブライトバード見ちゃったことがあって、
そういうポジションのニュースサイトだとは知らなかったのでトラウマになりました笑
その時のトップ表示記事は確か「理数系から女を追い出せ」と「イスラム教は全員テロリスト」だったか、
今はもうああ・・あそこね、ってスルーですが。
以前みやきちさんがおっしゃった「知識が生きやすくしてくれる」ですねこれ!

追記です。
こんな記事があがってました
https://www.buzzfeed.com/jp/rosiegray/katie-mchugh-1
「元オルタナ右翼の女性が語る、白人至上主義という世界。」
 

>XXさん

 投稿者:みやきち  投稿日:2019年 7月12日(金)01時55分5秒
  >差別は少ないなんてお花畑人

いますねー、そういう人。
ダイアン・J・グッドマンは「特権集団に自覚がないのは、自分たちが社会の基準になっていて、それゆえ自身の社会的アイデンティティについて考える必要がない」からだと書いてますが、その典型例なんじゃないかと思います。
日本国籍を持っているとか、被差別部落出身じゃないとか、男性であるとか、健常者であるとか、大学卒であるとか、シスヘテロであるとか、そういう優位なカードに自分が守られていることに気づかなければ、そりゃ差別そのものが少ないって勘違いもするでしょうね。

>アンジェラ・サイニー氏の「inferior」

ああこれ、気になってた本です!

>「初対面の相手とのデートに乗り気なのは当然男で、それはセーブツ学的だ!」という研究を切り刻んでいく

>社会性が高くヒトに最も近いと言われるボノボ、メスが権力握ってるそうで。

あああああ、やっぱり面白そう。
というわけでつい今さっき、Amazonで買っちゃいましたよこの本!
やっぱり日本語で読んだ方が速いし!

>セーブツとして不自然!なんて言う人たちのアホさ加減ってほんと底なし

「不自然」で思い出したんですけど、最近『つくられた卑弥呼』(義江明子著、ちくま学芸文庫)という面白い本を読みまして。
これは「卑弥呼は『神秘的な巫女』として担ぎ上げられていただけで、政治的実権は弟が持っていた」とする定番の考え方に異議を唱える本なのですが、卑弥呼の話にとどまらず、過去の歴史研究がいかに「政治・軍事の統率者に女がいるのは不自然」という思い込みにひきずられてきたかが多数の例とともに説明されてるんです。
支配階級を示す副葬品とともに葬られた女性の遺骨を「女が支配者だったはずはないから首長の女か、巫女だったのだろう」と解釈してしまうとか、古代の名に男女の区別はなかったのに「デフォルトは男、ジェンダー記号がついているときだけ女」と考えてしまうとか、いかにもミソジニストがはまりそうな罠ばっかりで、目からウロコがバリバリはがれました。
やっぱり人間が素朴に思いつく「これこれは自然/不自然」という線引きはその人が生まれ育った時代と場所のイデオロギーにめちゃくちゃ影響されているのであって、疑ってかからなきゃアカンと思いますね。

>ヘテロは共感どころか理解すら全くできなくて

自分としては、人間、とどのつまりはヘテロ同士やレズビアン同士、ノンバイナリー同士etc.でも他人のことなど理解できないと思ってます。
でも「理解できない」ということと「相手を尊重する」ということは両立可能なので、「所詮他人のことなどさっぱりわからないけれど、それでもお互い人間らしく扱われるよう同胞の精神を持って行動しましょう」ぐらいがちょうどいい落としどころなんじゃないかと。

>度々すみません。
>私の投稿内の「不気味」は明らかに侮辱語で、「私にとっては不思議」のほうが適切でした。

はい、このようにちゃんと追記していただいたので大丈夫ですよー。
 

(無題)

 投稿者:XX  投稿日:2019年 7月11日(木)10時02分26秒
編集済
  度々すみません。
私の投稿内の「不気味」は明らかに侮辱語で、「私にとっては不思議」のほうが適切でした。
この掲示板にはトランスのヘテロの方もいらっしゃるはずなのに、それを想像できていませんでした。当事者の方々には本当に申し訳ないです。
修正したいのですが、履歴と一緒にCookieも消してしまって下の投稿編集できなくなってしまいましたので、こちらに書き込ませて頂きます・・。

 

(無題)

 投稿者:XX  投稿日:2019年 7月10日(水)20時14分28秒
編集済
  こんばんは。

そうですよね・・日本のネットも無法地帯で、それに対抗する力が弱いのでとくに怖いです。
差別は少ないなんてお花畑人もちらほら見かけますが、そもそも差別が何かも理解してなくて差別と反差別のぶつかり合いなんてレベルにすら全く達していないじゃんと思います日本・・。
一部の人たちが頑張ってる状態です・・。


アンジェラ・サイニー氏の「inferior」が翻訳されたので読んでみました。
みやきちさんはこの本もうお読みになられましたか?

アン・ファウスト=スターリング氏の登場にかなり驚いてしまったのですが、
調べてみたら74歳で、私の想像より全然お若かった・・。

「初対面の相手とのデートに乗り気なのは当然男で、それはセーブツ学的だ!」という研究を切り刻んでいく
章はとても面白かったです。実は「デートレイプされる危険性を想定してただけ」だったと。

ボノボの研究も取り上げられていて、社会性が高くヒトに最も近いと言われるボノボ、メスが権力握ってるそうで。サルの種類によってオスメスの力関係が全然違うため、特定の類人猿の研究だけを前提に
ヒトを理解しようとすることは不可能だし危険だな~って感じです。
後半に行くにつれてどんどん面白くなる本でした。

ボノボって人間でいうところの同性愛もよく見られるし、あらゆる動物で確認されていることなのに、
セーブツとして不自然!なんて言う人たちのアホさ加減ってほんと底なしだなーと思いました。

私はLが前提の完全な無性愛者ですが、自分は人間に対し性愛を持たないもののLGBTの方々に対し
しては理解や共感をとても感じて、ヘテロは共感どころか理解すら全くできなくて不気味です。
ちょっと言い過ぎですかね笑
しかしヘテロにもLGBにも無性愛は不気味なんだろうな~と思います。「無」って一番想像しにくいですよね。

 

フェイズ2も完了

 投稿者:みやきち  投稿日:2019年 7月 6日(土)21時07分51秒
  Nia Shanksの筋トレメニュー、Beautiful BadassのPhase 2(全4週間)を無事やり切りました!!
ベンチ、スクワット、デッドの重量も順調に伸びていて、いい感じです。
なお、Phase 3からはオプションのインターバルトレーニングが加わってますますハードになる予定。
これからますます暑くなるし、大量の水とBCAAドリンクを用意して頑張る所存です。





>xxさん

>元々の世代間の受容度の違いはそんなに大きくないんですね、そこにもびっくりですが、
>2018年に若い世代の濃紺グラフが高齢世代と入れ替わる形で伸びてるの、なんでしょうこれ!?

>他のマイノリティ集団に対する結果が予測できる酷い有様です。
>崩れるのは簡単、これからどうなるんだろう。

「一体何があったんだ!?」って愕然としちゃいますよね。
ソーシャルメディアにあふれるヘイトを見聞きしてるうちに「これぐらいは言ってもいいんだ」「みんなこう思ってるんだ」と思い始めた人が多いってことなんでしょうか。
全然対岸の火事じゃないところがよけいに怖いです。

>トランプってツイッターでLBGTについての本人の考えを呟いたことってあるのでしょうか?

ないと思いますよ。
あの人はもともと「金持ちのドラ息子で、ビジネスでは恫喝と踏み倒しばっかりしていて、リアリティ番組で『君はクビだ! (You're Fired!) 』と叫んでる奇矯なおじさん」として人気だっただけの人で、LBGTについての意見なんて特にないタイプなのでは。
大統領選キャンペーン中に「LGBTs for Trump」と書かれた旗を掲げてみせていたのは単に票のためでしょうし、就任後のアンチLGBTな政策の数々も、やっぱり票(宗教保守からの)のためでしかないんじゃないかと思います。
おそらく、その場その場で周囲の人に入れ知恵されたことをただやってるだけなんじゃないでしょうか。

>特に何も考えてないのかな・・

だと思いますよ。
言動から言って、素で人種差別的だったり女性差別的だったりはするのでしょうが、それはAIに機械学習させると社会のバイアスをそのまま反映して差別的になってしまうのと同じで、何も考えていない(自分の考えを批判的にとらえなおすことをしていない)からこその結果なんじゃないかと思います。

>唯一感謝してるのは、マイノリティたちのお尻に火をつけたところですが、
>しかしここまで来るのにトランプのせいで多くの人が苦しんだことを考えると複雑な思いです・・。

白人至上主義者が人を殺したり、移民の子どもたちが何千人も虐待されたりするところまでいっちゃってますからねえ。
2020年の大統領選まで、マイノリティ側がそれこそ香港のデモみたいな勢いでがんばりまくるしかないと思います。
 

(無題)

 投稿者:xx  投稿日:2019年 7月 5日(金)09時48分53秒
編集済
  いつもLGBTのニュース更新ありがとうございます。

「若い世代のLGBTQへの受容度低下」の記事を見て
思わず「うわぁ」って声に出してしまいました。
元々の世代間の受容度の違いはそんなに大きくないんですね、そこにもびっくりですが、
2018年に若い世代の濃紺グラフが高齢世代と入れ替わる形で伸びてるの、なんでしょうこれ!?
ソーシャルメディアの影響って恐ろしいですね、本当・・。

暗い気持ちになりますねー・・、他のマイノリティ集団に対する結果が予測できる酷い有様です。
崩れるのは簡単、これからどうなるんだろう。

トランプってツイッターでLBGTについての本人の考えを呟いたことってあるのでしょうか?
トランスジェンダーの米軍入隊禁止も、コスト面で~とか公約だったからやったって感じでした。
かと思えばやや親LGBT発言もしてたりしますよね、本当にその時その時の直感で言ってるんだろうなぁ。
とんでもない無知&ナチュラルレイシスト&セクシストなのは間違いないですが。
この人明確な政治的思想があるわけじゃないし周りの操り人形なので、
本人が本当はどう考えてるのかよくわからないです。特に何も考えてないのかな・・

「保守的で白人至上主義で女性蔑視な不動産王」ってイメージだったのに今じゃ「幼稚園児」ですよ。
唯一感謝してるのは、マイノリティたちのお尻に火をつけたところですが、
しかしここまで来るのにトランプのせいで多くの人が苦しんだことを考えると複雑な思いです・・。
 

>イヴァン零式さん

 投稿者:みやきち  投稿日:2019年 7月 4日(木)20時25分59秒
  >「二人のキスは二人だけのもの」というカタハネのあるシーンについて笛さんの発言した言葉を引用する場面が序盤にある

なるほど、やはりかなり意識的にやってそうですねー。

>>「このルートは誰が書いた」と

>実は発表されてます、それぞれ。

知りませんでした!!
ゲームってシナリオライターによって合う合わないが相当分かれるものですから、これならプレイする人もやりやすいかも……。
 

更に返信

 投稿者:イヴァン零式  投稿日:2019年 7月 2日(火)23時07分44秒
  こんばんは、更に返信してゆきます。

>ひょっとしたらそれでカタハネファンへの目配せが入ったってことなのかも
作中で「二人のキスは二人だけのもの」というカタハネのあるシーンについて笛さんの発言した言葉を引用する場面が序盤にあるのでそういった部分は少なからずあるかと思います

>「このルートは誰が書いた」とかも発表してくれればいいのに
実は発表されてます、それぞれ。
向坂氷緒さん:共通&柳谷こころ√
志水はつみさん:太刀花なな√
竹内なおゆきさん:無限堂さき√
西川真音さん:マリー・マーラー√
だそうです、トリスティアの人は無限堂さき√ですね。
 

/205