teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「ザ・レポート」

 投稿者:作者  投稿日:2020年11月 5日(木)07時40分44秒
  映画「ザ・レポート」のページをアップしました。
アメリカに民主主義がまだ存在することを示した作品でもあります。
地味ながら名作。アマゾンで見られます。
 
 

「シカゴ7裁判」

 投稿者:作者  投稿日:2020年10月20日(火)07時48分27秒
  ネットフリックスで公開中の「シカゴ7裁判」のページをアップしました。
アカデミー賞の候補にもなるはずの傑作です!
 

「コルトレーンを追いかけて」

 投稿者:作者  投稿日:2020年10月18日(日)08時01分59秒
  ジャズ界のレジェンド、ジョン・コルトレーンのドキュメンタリー映画
後半なんと舞台は日本に!?
親日は有名ですが、なかなか興味深いです。
 

「シカゴ7裁判」

 投稿者:作者  投稿日:2020年10月17日(土)07時57分5秒
  アーロン・ソーキン監督・脚本の「シカゴ7裁判」ネットフリックスで公開開始!
これは素晴らしい作品です。
このサイトの読者なら興味津々の内容だと思います。
1960年代末、ロックにも大きな影響を与えた事件「シカゴ暴動」の主犯とされた7人の裁判を描いています。
 

「娘よ」

 投稿者:作者  投稿日:2020年10月15日(木)07時53分55秒
  パキスタン映画「娘よ」
女性が部族間抗争の犠牲になり嫁入りさせられるという悲劇。
そこから逃げるため母と娘の命がけの逃避行が始まります。
カラコルム山脈の映像も美しい!
 

「ある船頭の話」

 投稿者:作者  投稿日:2020年10月14日(水)07時42分14秒
  オダギリ・ジョーの初監督作品「ある船頭の話」見ました。
クリストファー・ドイルのカメラと新潟阿賀野川の素晴らしい風景が主役とも言える自然と人間の物語です。
ちょっと余計な演出があった気もしますが、十分に見ごたえあります。
俳優陣がオダギリさんの人徳なのか実に豪華なのも見どころです。
 

「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」

 投稿者:作者  投稿日:2020年10月13日(火)07時53分48秒
  ヴィム・ヴェンダース監督のドキュメンタリー映画「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」を見ました。
南米、アフリカのエチオピア、マリ、ルワンダ、旧ユーゴスラビアなど、紛争・飢餓地域で写真を撮り続けた写真家です。
その後、彼は大自然・秘境を撮る写真家へと転身。さらに森を育てる社会活動家としても活動し始めます。
衝撃的な写真。美しい写真。恐ろしい写真。感動的な写真。自身による語りもいい味です。
 

(無題)

 投稿者:作者  投稿日:2020年10月12日(月)07時54分18秒
  teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。
 

加藤の本は有害図書です

 投稿者:アジア歴  投稿日:2020年10月12日(月)00時31分6秒
編集済
  加藤陽子はいわゆる隠れ共産党員と言われてますので、著書は「日本が悪い」を結論とする党方針に沿って書かれています。
また「書かない自由」が多すぎて主客を転倒させるというパターンが多用されます。加藤の本で書かれている因果の8割は逆だと思っていいです。例;日清戦争の原因(加藤著書、日本が引き揚げなかったからはじまった・・×、日清間の条約を破って清が駐留したままだったので、日本も居座った・・・〇)戦争が始まる前に日清間で結ばれた朝鮮においての派兵条件を加藤は書かない自由で黙殺します。そうすれば日本が悪いように印象付けられるから。

因みに清朝が倒れた後の蒋介石政権と支那事変はなぜ起こったかと言えば、清朝と日本が
結んだ通商条約や租借権などの条約を「無効」だといい始めたからです。国際法上無効には
できないわけですがごり押しし、日本が退かないと見るや支那居留日本人(半分は朝鮮人)に
テロ攻撃を始めました。条約は守らない、外国人の財産や生命を犯す、ときては増派せざるを
えません。そもそも蒋介石政権は20ほどあった支那政権を握ったと自称する軍閥(ISISみ
たいなもの)の一つでしかなく統一政権のない戦国状態の支那では外交上の権限を有していないと日本は見ていました。(当然国家承認をしていません)
一方、蒋介石政権は英米らとの条約は継承しているというダブルスタンダードを行い、
大いに日本国民を怒らせ、日本の全マスコミが、蒋介石を討伐しろと怒り捲ったのでした。

どんなに温厚な国でもこれで戦争にならん方がおかしいです。加藤の本では、これらの背景が抹殺され、ある日日帝が侵略野心を起こし、中国に攻め込んだ、という評になります。

 

無題

 投稿者:yasi  投稿日:2020年 7月20日(月)07時29分54秒
  確かに映画の題材になりそうな人物ですね。「キャデラック・レコード」が作られたくらいですから可能性ありますね。

それにしてもルーレット=ギャンブルとは。ギャングらしいっちゃ、らしいですね(笑

https://ameblo.jp/sumi-isi

 

レンタル掲示板
/222