teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


映画「フェンス」&石牟礼道子

 投稿者:作者  投稿日:2018年 2月14日(水)23時17分20秒
  デンゼル・ワシントン監督・主演の「フェンス」のページをアップしました。

水俣の人々と共に生きた作家、石牟礼道子さんがお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。
 
 

映画「サラエヴォの銃声」

 投稿者:作者  投稿日:2018年 2月14日(水)08時01分25秒
  2016年のボスニア・ヘルツェゴヴィナ作品「サラエヴォの銃声」を見ました。
第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォでのテロ事件から100年。
記念事業が行われるサラエヴォのホテルを舞台にした作品です。
僕が大好きなロバート・アルトマンの最高傑作「ナッシュビル」を思わせる展開もあり、サスペンス映画としても最後まで一気に見せます。
第一次世界大戦からボスニア紛争へのヨーロッパ史の知識があれば、なお面白いでしょう。
 

異色の経済映画「マネーショート」

 投稿者:作者  投稿日:2018年 2月10日(土)08時22分5秒
編集済
  アメリカで株安が進む中、今日アップしたのは「リーマンショック」の裏話ともいえる異色の経済映画「マネーショート」です。
ちょっと難しい部分もあるので、「株安」や「リーマンショック」についての解説も書いておきました。この解説を読んだから見ていただくと絶対に面白いはず!
アカデミー脚本賞受賞も納得。こういう内容の作品をエンターテイメントとして映画化できるのは、さすがにアメリカです。
 

フットサルアジア選手権

 投稿者:作者  投稿日:2018年 2月 9日(金)22時31分32秒
編集済
  フットサル・アジア選手権の準決勝
日本がイラクに3-0で勝利!
決勝で世界第3位のイランと対戦。
かわいそうに新聞でもネットでも無視・・・。
 

ミニ・ライブラリー&「雪あかりの路」

 投稿者:作者  投稿日:2018年 2月 9日(金)08時12分31秒
  店の二階に「ポップの世紀ミニ・ライブラリー」を作りました。これからさらにボリューム・アップするつもりですが、まずは音楽と映画の本を集めて作りました。
小樽にいらしたら是非お寄りください。
以前から、店によってくれる方がいたのですが、これからは「ポップの世紀」を生み出した資料などを見られるようにしようと思います。
まだ簡単なものですが、これからさらに充実させます。
とはいえ、今日から「雪あかりの路」が始まるので、忙しいです。
天気も気になるし、気温も気になります。
楽しみにしている平昌オリンピックどころではないです。
フットサル日本代表は見事バーレーンに勝利し、ベスト4進出なのに話題にならずかわいそう!
頭の中が混乱中。
・・・店はひまなんですけどね。
 

アイスキャンドル作り

 投稿者:作者  投稿日:2018年 2月 7日(水)07時51分25秒
  今日も午前中、アイスキャンドルを作りに漁協の冷凍庫に行きます。
バケツを使って、400個のアイスキャンドルを作ります。
幸いこちらの天気は良好です。
なぜか雪が少ないぐらいです。
週末は是非、小樽までお越しください!
 

いよいよ今週は「雪あかりの路」

 投稿者:作者  投稿日:2018年 2月 5日(月)08時15分59秒
  札幌では雪まつりが始まっていますが、小樽では今週金曜日から「雪あかりの路」が始まります。今年は、20周年にもあたります。
火曜日からはその準備作業が始まります。
9日からの18日までの10日間開催ですので、是非一度お越しください!
もちろん、店によっていただければ、小樽の見どころ、美味しい情報をお教えします!
 

スペインの小説「執着」

 投稿者:作者  投稿日:2018年 1月31日(水)00時16分39秒
  今日はスペインの作家ハビエル・マリアスの小説「執着」をアップしました。
ノーベル文学賞に最も近いスペイン人作家の作品。
少々難解な完全犯罪小説です。
独特の世界観に慣れるのに苦労しますが・・・
面白いです。
 

「2046」

 投稿者:作者  投稿日:2018年 1月30日(火)08時18分20秒
  ウォン・カーウェイの「2046」を遅まきながら見ました。
コン・リー、フェイ・ウォン、チャン・ツィイー、マギー・スミスと美しい女優さんたちを美しく見せる!
そのために、トニー・レオンとキムタクを配し、背景、映像、カット割り、色合い、大人な音楽・・・を工夫。ウォン・カーウェイ・ワールドを楽しませていただきました。
 

「ルーム」良かった!

 投稿者:作者  投稿日:2018年 1月26日(金)08時38分1秒
  見逃していた「ルーム」をやっと見ました。
こんなに愛すべき映画だとは・・・驚きでした。
まだ未見の方は、是非!
いい感じで泣けます。
子役が上手い。(子役の吹替えも素晴らしい)
世界を新鮮に見る喜びと感動が伝わってくる素敵な映画です。
まわりに悪い人がいなくてよかった・・・。
 

レンタル掲示板
/181